ラグビー部・活動報告

部活動・ラグビー部

令和元年度ラグビー部活動報告

平成30年度

○新人戦南部地区大会

  1回戦(12/23)  大宮 26-33 川口

  3位決定戦(1/6) ☆大宮 29-7   川口北 ⇒南部地区3位 県大会・関東予選決定

○新人戦県大会

 一回戦(1/13)   大宮 0-78   浦和

 

令和元年度

○関東予選県大会

 一回戦(4/14)    大宮 19-41   立教新座

○国体地区予選

 一回戦(5/3)  ☆大宮 48-0   川口北

    決勝戦(5/6)   大宮 7-26   川口 ⇒南部地区2位 県大会出場決定

○国体県予選

  一回戦(5/25)  ☆大宮 33-0   草加

    準々決勝(6/1)  大宮 12-41 伊奈学園

    順位戦(6/5)   大宮 12-12 熊谷 

    順位戦(6/9)   大宮 5-55   熊谷工業

○7人制大会

  一回戦(6/15)  ☆大宮 51-0   合同

  二回戦(同日)   大宮 0-44   正智深谷

○花園予選

  二回戦(9/21)  ☆大宮 47-14 川口北

  三回戦(10/12)    大宮 7-40   正智深谷

ラグビー部 ウィルチェアラグビー体験

シルバーウィークの最終日、ラグビー部は顧問の知り合いにお声掛けいただき、ウィルチェアラグビー(車いすラグビー)を体験してきました。

これは、「平成27年度障害者スポーツ振興事業障害者スポーツ理解促進フェスティバル」の一環で、埼玉県障害者交流センターで行われたものです。

車いすスポーツとしてウィルチェアラグビーがある事は知っていましたが、実際に見るのは初めてで、とてもスピード感と迫力があり、それでいて生徒も楽しそうに行っていました。

 
乗るのも大変です。

   
タックル体験(事故ではありません)結構大きな音がします。

  
マネージャーと顧問も体験

     
ゲームもやってみました。みんな頑張っています。


15人制や7人制のラグビーとは少し違いますが、それらのラグビー以上に仲間への思いやりがプレー(パスやタックル)に表れる競技だと思いました。
また、何よりも競技をやっている方々が明るく、やさしい!
本当にイキイキとして私たちに指導してくださいました。

また、この後SST(サウンドテーブルテニス)を体験しました。こちらは目の不自由なかたのための卓球です。ボールが転がると音がなるようにされており、競技者は音を頼りにボールを打ちます。
生徒はアイマスクをして体験したほか、アイマスクをせずに競技者と対戦!
結果は負けていました。

障害者のハンデを感じさせないイキイキとした活動に、普段の私たちの生活を感謝するとともに、「私たちにできることは?」とか「私たちが考えるべきことは?」「健康とは」など、多くのことを考えることができた貴重な時間となりました。

今回お声掛けいただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。
なお写真はこちらへの掲載の許可はいただいておりますが、転載はしないようお願い申し上げます。

ラグビー部 花園予選一回戦

少し小雨がぱらついた中、花園予選の一回戦が行われました。

相手は城西川越高校、ノーシードながら色々な関係者に話を聞くと、誰もが「強いよ」と言っている強敵です。

大高ラグビー部も相手のしてくる事、自分たちの強み、やらなければいけない事をしっかりと準備して臨みました。

いつもは試合の展開を書くのですが・・・・

申し訳ありません。結果だけ。(見ていなかったわけではありません)

14-36で敗退。

とても悔しい敗戦です。とても頑張っていたのです。前半で0-19、後半開始直後に0-26と離されても、最後まで、ノーサイドの笛が鳴るまで本当によく頑張っていました。

ラグビーやサッカー、ハンドボール、バスケットといった競技はコールドゲームがありません。
いやでも試合時間が経過するまで試合は終了しないのです。
また、野球のように1イニングで大量得点を奪う様なビックイニングができるわけでもなく、1トライや1ゴールの得点が決められているため、試合終了直前に「絶対に追いつかない・逆転できない」となってしまう時が訪れます。
また、ラグビーは身体と身体のぶつかりあいですから、どうしても痛くて・きついのです。
負けが見えた時に「もうやめたい」と心が折れてしまうこともあるのです。

それでも、この日の大宮高校はそれでも最後のノーサイドの笛まで自分たちのトライを目指して攻撃し、相手の攻撃を勇気と気迫で守っていました。

でも負けは負けです。勝負事ですし、トーナメントですから、負けたら終わりなのです。
この現実は顧問、生徒ともに真摯に受け止めなければなりません。

三年生はここまでよくやってくれました。
高校に入学して、ラグビーという新しいスポーツをはじめ、身体は痛い、服は汚れる、きつい、怖い、でも楽しい。
よく最後まで続けてくれました。本当にいいチームになりました。いい奴らになりました。
毎年のことながら三年生に感謝しています。

当日は保護者の皆様、OB、OBの保護者、サッカー部、ハンドボール部、先生方、多くの方の大応援をいただきました。
誠にありがとうございました。

三年生の大会が終了し、新チームの始動となります。
人数は少なくなりますが、しっかりと鍛えて頑張りたいと思います。

今後もご支援のほど、よろしくお願いいたします。

ラグビー部 花園予選開会式

秋の長雨が少し休憩した9月5日(土)に、全国大会予選(花園予選)の開会式が行われました。

今年のバッグでの文字はシード校による「2019WCUP(2019ワールドカップ)」の隣にラグビーボールを作りました。(進修館高校とコラボです。ボールに見えるかな・・・)

行進も堂々と行えたと思います。
                


来週の一回戦に備えて、しっかりと準備を進めたいと思います。

一回戦 9月13日(
 対 城西川越高校
    @浦和工業高校グランド
     14:15 キックオフ


強敵です。
 
 当日はラグビー部以外の三年生は模試の予定なんですよね…熱い試合を見て欲しかったのですが…
 いや、同級生ばかりでなく、保護者・OB・OG・関係者の皆様の厚いご支援を胸に、全力で戦います!!



 応援よろしくお願いいたします。

※当日は四試合予定されており、駐車場も限られておりますので、できるだけ公共交通機関でおこしくださいますよう、お願い申しあげます。

ラグビー部 全国大会予選抽選会(組合せ決定)

昨日(8月28日)に全国大会予選(通称「花園」)の組合せ抽選会が行われました。

各校キャプテンが緊張の面持ちで抽選を行いました。

一回戦 9月13日(日)
 対 城西川越高校  浦和工業高校グランド  14:15 キックオフ


二回戦 9月26日(土)
 三郷工業技術高校と草加高校の勝者 浦和工業高校グランド 11:45キックオフ


三回戦 10月12日(月・祝)
 深谷高校(第1シード) 県営熊谷ラグビー場Bグランド 10:30キックオフ


詳しくはこちらをご覧ください。
組合せ表(2015).pdf

一回戦から気の抜けない、厳しい戦いになると思います。
しかし、その厳しい戦いを勝ち抜くだけの準備をしてきました。
三年生は最後の大会という思いを余すところなくぶちまけて欲しいと思います。

応援よろしくお願いいたします!

三年生、模試なんですよね・・・部員は試合ですが。
二回戦は授業公開の日・・・
でもまずは一戦必勝です!!

その前に
開会式
9月5日(土) 10:00 県営熊谷ラグビー場
 当日の夜にテレたまで録画放送されます。

ラグビー部 菅平合宿

ラグビー部は7月30日~8月3日にかけて長野県上田市菅平高原で合宿を行ってきました!

毎年恒例の合宿ですが、この合宿でラグビー漬けになることで心身ともに大きくなります。

また、6年前から不動岡高校と合同で行っており、それぞれが良い刺激をうけて切磋琢磨しています。
   これを見ると「来たな(生徒は「来ちゃった~~絵文字:困った 冷汗」かもしれませんが)」って感じがします。        


                            
朝はランパスから始まります。二校のコミュニケーションもとれます。    コンタクト練習 

     
ユニットからAD

        
最終日はダボスの丘へ
   



みんないい顔しています。

四泊五日の充実した合宿を行うことができました。
目標にしていた最終日の不動岡高校との定期戦には負けてしまい、全員が悔しい思いをしましたが、これでさらに今後の練習への気持ちが入ってくれると思います!
スポーツは自分がどんなに頑張ったつもりでも、それが十分であったか、取り組み方が甘かったのか、自分たちが弱かったのかを教えてくれます。
そうそう良い結果はでないものの、克服できない壁は神様は私たちに与えません。花園予選まであと約1カ月、全力で頑張っていきたいと思います。

菅平では多くの保護者に応援に来ていただいたり、連日たくさんの差し入れをいただきました。
なかなか勝ち試合を御覧いただけなかったのが残念ですが、ここからが勝負です!!

また、毎年おせわになっている旅館の皆様にも感謝申し上げます。
そして、こちらも毎年一緒に合宿を行い、日に日に強くなり、大宮高校ラグビー部にとても良い刺激をいただいている不動岡高校ラグビー部に感謝いたします。
定期戦では負け越していますが(2勝4敗)、次は勝てるように頑張ります!


ラグビー部は二日間のオフを挟んで、明日(8/6)から練習再開です。

8月は
9日(日)  松山高校にて練習試合
11日(火) 伊奈学園総合高校にて練習試合
12~14日 オフ
17日(月) 川越東高校にて合同練習(試合)
18日(火) オフ
22日(土) 獨協埼玉高校にて練習試合
23日(日) オフ
25日(火) 伊奈学園総合高校にて練習試合
26日(水) オフ
27日(木) 全校集会(夏休み終了)

上記の予定以外は大宮高校で8:00から練習の予定です。

8月28日に花園予選の組合せ抽選会
9月5日(土) 開会式
9月13日(日) 一回戦
9月26日(土) 二回戦
10月12日(月)三回戦
10月31日(日)ベスト8

となっています。

花園予選まで残り1カ月、三年生は目標に向かって、そして結果を出すために「全てやりきった」と思える取り組みをしてほしいと思います。
一・二年生はその背中を見て、何かを感じて、そして自分たちも結果を求めて全力で頑張りましょう。

応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 体操競技入門

夏休みも中盤になってしまいました・・・なんて早い・・・

猛暑日が続きますが、みなさん体調を崩さないように御自愛ください。

さて、ラグビー部は身体の使い方を学ぼうと、他競技に学ぶ機会を作りました。
顧問の知り合いの春日部東高校体操競技部にお願いして、7月28日に合同練習をやっていただきました。
  
 

当日は合宿所で柔軟体操や補強、体育館に移動してマット運動を中心に、身体の動かし方を学びました。三年生は昨年度授業でマット運動を行っているものの、久々の感覚に戸惑っていたようです。この日の大きなテーマは「倒立」として、自分で倒立ができるようにしようということを掲げていましたが、倒立だけでなく色々な動きを楽しんでいたようです。
また、本校にはない吊り輪や段違い平行棒などを直接見る事ができました。何人かは吊り輪に挑戦していましたが・・・

貴重な時間を作っていただいた春日部東高校体操競技部の先生方、生徒の皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。

ラグビー部 全国セブンス大会予選

梅雨の中休みだった6月20日(土)に全国7人制大会の県予選が行われました。

ラグビーは15人制の他に7人制があります。
行うグランドの大きさは同じです。ということは、単純に考えて1人当たりのスペースは倍以上。
試合時間も7分ハーフと短い(高校生の15人制は30分ハーフ)のですが、攻防がスピーディーで、15人制とは違う面白さがあります。
来年のオリンピックリオデジャネイロ大会で7人制ラグビーが正式種目なったこともあり、日本代表や女子・高校生も強化が始まっています。

そういった流れで昨年度から全国大会が開催され、今年は第2回大会です。

埼玉県の予選は、16のリーグに分かれて予選を行い、各リーグの1位が翌日の決勝トーナメントに進出します。

大高はHリーグ、熊谷工業高校と日高高校とのリーグ戦です。

初戦の対熊谷工業高校
 随所に良いプレーを見せるものの、ここという時に攻めきれず、逆に相手のチャンスを確実に得点されてしまい、0-24で敗退。

二戦目、対日高高校
 攻撃も防御もバランスが取れて、ほぼ自分たちのペースで試合を進めることができ、61-0で勝利。

この結果1勝1敗でリーグ2位でした。

予選リーグ敗退となってしまいましたが、選手は攻撃時も防御時もに相手の状況を良く見ることや、ゲームの多様性について色々と学ぶところが多かったと思います。これを秋の花園予選に活かせるようにしていきたいです。

また、7人制ということで、普段は試合に出られているメンバーも試合に出られないことがありました。これはメンバー登録等の規則で仕方がないことですが、こういった時にどういったサポートができるかを考えて行動することが大切です。
生徒はうまく動けていた人とそうでなかった人もいましたね。各自で良い点も悪い点も反省しましょう。


また、当日は熊谷で多くの応援と差し入れをいただきました。ありがとうございました。

今後の大きな予定は7月30日(木)~8月3日(月)まで菅平で合宿

8月28日(金)に花園予選の抽選会
9月5日(土)花園予選開会式
9月13日(日)一回戦
9月26日(土)二回戦
10月12日(月・祝)三回線
10月31日(土)ベスト8
11月7日(土)準決勝
11月14日(土)決勝

となります。

応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 南部地区大会

6月7日(日)に伊奈学園総合高校にて南部地区大会が行われました。

これは南部地区のラグビー部が一堂に会して行う強化大会です。
大宮は浦和高校、川口高校、伊奈学園高校と対戦しました。

結果は
対 浦和高校B 
 0-10で負け(20分)

対 川口高校
 7-0で勝ち(20分)

対 伊奈学園総合高校B
 10-5で勝ち(20分)

浦和と伊奈は前日に国体予選で激しい試合をしたのでBチームでの出場です。

大宮は試験明けから久々の試合で試合勘を取り戻しながらの試合でした。できているプレーと忘れてしまったプレーを確認できる良い機会でした。

また、この日は1年生のデビュー戦でした。
初々しく、思い切ってプレーしていました。これからがとても楽しみです。もう少し人数が増えて欲しい・・・


6/20・21は熊谷で7人制の大会があります。
組み合わせは16日に決定します。

応援よろしくお願いいたします。
 

ラグビー部 勉強会

今日から前期中間考査一週間前になり、部活動は原則禁止の期間となります。
放課後は家に帰って勉強したり、教室で19時まで勉強したり、各自の行動になるのですが、ラグビー部では恒例の勉強会を行っています。

これは普段部活動で勉強時間の確保に工夫をしているものの、なかなかまとまって勉強時間が取れないので、こういった時期にまとまって勉強する習慣を身につける意味もあります。
学校で勉強することで、わからない事があれば先生方に質問することもでき、「ラグビー部、頑張ってるな」と少しはアピールもできるのかなと絵文字:ニヤリ

だんだん自分自身でこういった時間を工面できるようになる事も成長だと思うのですが、普段「部活も一生懸命しなさい」と言っている分、試験前は勉強をする環境をつくる事も顧問の役目なのかもしれません。どちらが良いかはわかりませんが・・・

生徒は部活がない時に遊びたい気持ちもあるかもしれませんが、割り切って一生懸命勉強しています。

保護者の皆様、帰りの時間はあまり変わらないかもしれませんが、行っている活動はこんな感じですのでご安心を。また、身体つくりにはこの時期に栄養と休養が必要ですので、帰宅後にたっぷり食事をお願いいたします。

       

ラグビー部 国体予選南部地区予選

小雨がぱらついた5月9日に、国体予選南部地区予選の順位戦が行われ、浦和学院高校と対戦しました。

試合は序盤から攻撃のペースをつかみ、前半29-5、後半29-0で58-5で勝利することができました。

1年生はラグビーの試合を初めて見たと思いますが、勝つ試合を見せることができてよかったです。

「勝った時こそ反省を」ということで、この試合でできた事、できなかった事をまとめ、花園予選に向けて課題を明確にしたいと思います。


次の公式戦は6月20・21日の7人制の全国大会予選です。

ラグビーは基本的に15人で行う競技ですが、同じグランドの大きさで1チーム7人で行う7人制が来年のオリンピック・リオデジャネイロ大会から正式種目として採用され、国内外で盛り上がりを見せています。高校でも昨年度から全国大会が開催されています。

15人制のラグビーに比べてスピーディーなゲームが展開され、15人制とは一味違う楽しみが味わえます。

組み合わせは決まり次第お知らせします。


最後に、先日も多くの応援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございます。

ラグビー部 国体予選南部地区予選

あっという間にGWが終わってしまいました・・・

ラグビー部はGWの初日の5月2日に国体予選南部地区予選の一回戦として川口高校と対戦しました。
新人戦では0-24で敗退している相手です。

試合は両校とも粘り強くディフェンスをする中で、前半15分に大宮が相手陣ゴール前にハイパントを上げ、その処理にもたつく間にラッシュをかけて先制のトライを挙げます(0-5)。

しかし、点数を取った後が課題ですね。その後のキックオフからなかなか相手陣に行けずに、フォワードで攻められて同点に追いつかれます(5-5)

後半に入り、一進一退の攻防を繰り返していましたが、大宮のドロップアウトが相手のチャージにあい、そのままトライを挙げられてしまいます(5-12)

その後相手のゴール前まで攻め込んでなんとかボールを押し込もうとしますが、最後まで取りきれずに5-12でノーサイドを迎えてしまいます。

頑張っていいただけに悔しい敗戦です。
試合後は全員が悔しさが滲み出ているようでした。

しかしながら、少しずつ、少しずつステップアップしています。
三年生の最後の大会である花園予選への道のりを着実に歩んでくれているようです。

この悔しさを忘れずにまだまだ鍛えていきたいと思います。

次の試合は国体予選の順位戦になります。

5月9日() 対 浦和学院
  浦和工業高校G  10:00キックオフです。

また、当日は多くの関係者の応援と差し入れをいただきました。
誠にありがとうございます。

今後も応援のほど、よろしくお願いいたします。

ラグビー部 国体予選南部地区予選

関東大会予選の二回戦が終わり、次の大会である国体予選の南部地区予選の組み合わせが決定しました。

大宮高校は
一回戦
5月2日(土) 対川口高校
      浦和工業高校G 12:00キックオフ(25分ハーフ)


勝つと二回戦で
5月6日(水・祝) 対伊奈学園総合高校
      川口北G      12:15キックオフ(30分ハーフ)

決勝・三位決定戦・順位戦
5月9日(土)  浦和工業G

となります。

三位以内に入ると5月30日からの県大会に進出できます。
応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 関東大会予選 結果

4月19日(日)の小雨のぱらつく中、関東大会予選の一回戦が行われました。
相手は早稲田大学本庄高等学院、本大会の第8シードです。

大高ラグビー部はシード校にチャレンジすべく、全力で準備をして臨みました。

試合は予想通りディフェンスの時間の長い、我慢の時間が続きましたが、集中力を切らさずによく守っていました。
しかし、前半16分に密集サイドを早く突かれて先制点を奪われてしまいます。
また、前半29分に追加点を奪われ0-14で折り返します。

ここまでは想定していた展開、こちらは簡単には点を取れないし、ディフェンスの時間が長いのは織り込み済みです。そこで、後半はどうやって攻めよう、得点を挙げようとよく話をしていました。

後半も我慢の時間が続き、ディフェンスをよく頑張っていましたが後半20分に追加点を挙げられてしまいます。
そこからもあきらめずに0-26となった後半25分にスクラムからセンターの突破を皮切りによくつないでトライを挙げます(5-26)。

しかし、体力も消耗し、終了間際の後半30分に追加点を奪われて5-33で惜敗してしまいました。

選手はよく考えて、自分たちのできることやるべきことをよくやっていたと思いますし、そうすることでシード順が上位のチームにも戦えることを知ってくれたと思います。
「頑張れば越えるられる壁を越えよう」という目標が成長につながると思います。

これで大高の関東大会予選は終了ですが、来週からは国体予選の南部地区予選が始まります。
これで県大会に進んで勝ち進むことで秋の花園予選のシードにもつながります。
課題はいろいろありますが、一つ一つ克服して成長していきたいと思います。

当日は多くの保護者や関係者の応援と差し入れをいただきました。
誠にありがとうございます。



また、大高ラグビー部では新入生・在校生の入部を待っています。
勉強だけではつまらない」「充実した熱い高校生活を送りたい」「生涯の友が欲しい

いつでも入部大歓迎です。

ラグビー部 関東大会予選

大変ご無沙汰をしてしまいました。
OBや保護者の皆様から「最近更新していないね」「やる気がなくなったのかな??」というご心配を受けましたが、決してサボっていたわけでも、やる気がなかったわけでもありません(笑)

いろいろ思うところがありまして、しばし更新を控えておりました。
しかしながら、これを御覧いただいている方々のご期待や、多くの方にラグビー部の活動を知っていただくために、今年度より再開したいと思います!!

といっても、やっぱり不定期になってしまうかもしれませんが。。。

まずは第一弾、関東大会予選の組み合わせ抽選会が行われ、対戦相手が決定いたしました。

一回戦は
4月19日) 対 早稲田大学本庄高等学院
       熊谷工業高校G  14:15キックオフです。

それに勝つと
4月25日(土) 越谷南高校と草加東高校の勝者
       熊谷工業高校G  13:00キックオフ

二回戦に勝つとベスト8に入れます。

早大本庄は新人戦でベスト8になり、今大会のシード校です。
失う物は何もないので、全力で勝ちに行きたいと思います。


それと同時にただいま校内では新入生の勧誘を全力で行っています。
本校のラグビー部は経験者ゼロ!全員が初心者からスタートです。
高校生になって「何か新しいものを」始めたい、「何かに打ち込んでみたい」と考えている人には最適なスポーツです。

ぜひ多くの新入生の入部を願っています!!


応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 新人戦 予選リーグ一試合目

11月16日(日)に新人戦の南部地区予選、予選リーグが始まりました。

大高は予選リーグで川口高校・伊奈学園総合高校と対戦し、上位2チームが上位トーナメントに進出します。

16日はその第一戦、川口高校と対戦しました。

結果は・・・

0対24で負けてしまいました。

顧問・選手ともに非常に悔しい気持ちで一杯です。
悔しすぎるのでゲームの内容は書けませんが。。。

しかし、これで新人戦が終わったわけではありません。
29日の伊奈学園総合高校戦に何としてでも勝って、上位トーナメントへの進出を果たしたいと思います。
また、新チームのスタートは切られたばかりです。最終的な目標である、「花園予選ベスト8」を果たせるように、短期的な目標と長期的な目標を見定めて頑張っていきたいと思います。

試合当日は保護者の方々、また三年生の保護者やOBの保護者など多くの方々に応援と差し入れをいただきました。厚く御礼申し上げます。今後もよろしくお願いいたします。

次の試合は
11月29日(土) 対 伊奈学園総合高校
               伊奈学園総合高校G  11:00キックオフです。

ラグビー部 全国大会予選一回戦

秋晴れの9月20日(土)、全国大会予選の一回戦が行われました。三年生にとっては最後の大会です。

大高ラグビー部もここ数週間しっかり準備をして、三年生も一・二年生も凄く上手になって試合に臨みました。

相手は同じ南部地区の浦和工業高校。いつも練習試合や地区大会で切磋琢磨している相手です。

試合は開始5分、スタンドオフのロングパスからウイングが一気にトライを取り、先制点を挙げます。
その後、相手ゴール前まで攻め込むもトライを取りきれません。
相手のアタックに対してもすさまじい集中力を見せ、果敢にタックルし、前半をリードして折り返します。(5-0)

ハーフタイムでは選手同士で修正点を出し、後半に臨みました。

しかし後半は相手も前半からの修正を行い、徐々にこちらのスタミナも奪われ、後半9分にモールサイドを抜かれてトライを奪われます。(5-7)

その後も相手の戦略を防ごうとするものの、前半の集中力を出していた体力もなくなり始め、後半12分、28分、31分に追加点を奪われてノーサイドを迎えてしまいます。(5-24


選手は本気になって一生懸命頑張りました。試合も、練習も全力でやっていました。
それでも足りなかった・・・届かなかった・・・
勝負の結果は非情です。
大正製薬の社是に「(前略)勝つ事のみが善である(後略)」という言葉がありますが、正に結果で評価されます。
もちろん、結果を出すためには必死になって戦略を練り、練習をして試合に臨む事が必要ですし、その努力は否定できるものでも、否定されるものではありません。
しかし、結果は非情です。いくら「もっと試合がしたい」と思っても三年生の大会・部活動はこれで終了です。

「部活をやりきった」という思いを持てた生徒は、その思いを今後の生活(特に半年後の大学入試)で同様に感じられるように頑張って欲しいと思います。
「まだやれた事があったんじゃないか」と感じている生徒は、そういった後悔がないように、今後の生活を必死に頑張って欲しいと思います。
あの前半の集中力を出せれば、残り半年で驚くほどの結果を出せると思います。その力は絶対に持っていると信じています。
三年生お疲れ様でした。もう一つの目標である大学入試に向けて頑張ってください!

そして高校の部活動はこれからも続きます。
今日から新チームのスタートです。
大高生の強さをもっともっと引き出せるように頑張っていきます。


最後になりましたが、大会当日は多くの保護者、OB・OG・大高生、教職員の皆様に多大な応援と差し入れをいただきました。
御礼申し上げます。今後も御支援のほどよろしくお願い申し上げます。

ラグビー部 全国大会予選組み合わせ

三年生の最後の公式戦、全国大会予選の組み合わせ抽選会が行われました。

一回戦  9月20日
      対 浦和工業高校
          浦和工業高校G  10:30キックオフ

二回戦  9月28日(日)
      対 川口北高校
          伊奈学園総合高校G 13:00キックオフ

です。
その後は勝ち上がり次第で対戦相手が決定します。

一試合でも多く勝ち上がり、目標のベスト8を達成できるように頑張ります。

応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 夏休みの予定(お盆休みまで)

夏休みの予定です(お盆休みまで)

7月23~25日 8:00~11:30  学校にて練習
     26日 12:00~     獨協埼玉高校にて合同練習
     27日  オフ
    28・29日 8:00~11:30  学校にて練習
     30日  オフ

7月31日~8月4日       菅平合宿

8月  5・6日  オフ
     7・8日(体験入学)
          8:00~11:30  学校にて練習(是非見学してください)

     9・10日 午前中      伊奈学園高校にて合同練習
    11・12日 8:00~11:30  学校にて練習
  13~15日  オフ

応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 勉強会!

前期期末考査一週間前になりました。
学校全体としては部活動停止期間・・・

ですが、ラグビー部は部員全員が集合して「勉強会」を開いています。

「自分ひとりでやりたい・・・」という部員もいるでしょうが、普段部活をしている先輩だけでなく、「勉強もするんだ」という先輩の背中をしっかりと見て欲しいという事と、部活動の環境を作っていく分、勉強をする環境も作らなければならないという考えから、定期考査前に行っています。

勉強会では静かに勉強に集中してます・・・部活の時も静かなのがたまに傷ですが。

「部活が無いはずなのに帰りは同じ時間」ですが、けっして遊んでいるわけではないのです。


こちらも応援のほど、よろしく願いいたします。



ラグビー部 全国7人制大会 県予選

6月21・22日(土・日)に7人制ラグビーの全国大会予選が熊谷ラグビー場で開催されました。

これは今年度から開催される大会です。

まずは21日に3校ずつ16リーグに分かれての予選リーグです。
大高は立教新座高校と岩槻北稜高校と対戦しました。

第1試合立教新座高校戦は、試合開始のキックオフで相手の虚をつき、ゴール前のスクラムというチャンスを得ますが、それを活かす事ができずに逆に攻め込まれて先制点を取られ、その後はなかなか修正できずに最終的に0-39で敗退してしまいます。

一試合目の反省を元に第二試合の岩槻北稜高校戦に臨みました。
しかし、立ち上がりに先制トライを奪われ、そのごトライを取り返すも、双方もう1トライずつ取って、ノーサイド間際まで12-14(コンバージョンキック差)と逆転圏内にいましたが、最後の最後でトライを奪われて12-19で敗退。

残念ながら予選リーグで敗退してしまいました。

7人制大会は15人制の大きさのグランドを7人で攻防するため、15人制とは一味違う戦術やスキル、試合中の対応力が求められます。大高も準備はして臨んだつもりですが・・・
まだまだ何かが足りないのでしょう。

しかしながら、本番は秋の全国大会(花園)予選です。ここから3ヶ月、もう一度部員全員で鍛えなおしてチーム力を向上させていきたいと思います。

また、この日も保護者の皆様や関係者の皆様の応援や差し入れをいただきました。
誠にありがとうございます。

来月末(7/31~8/4)には菅平合宿に行ってきます。

ラグビー部 7人制全国大会県予選

ラグビーには色々な競技形態があります。
本来のラグビーは「ユニオンラグビー」と呼ばれ、1チーム15名の選手で試合を行います。
そのほか、オーストラリアで盛んな「リーグラグビー」という13人制、「テンズ」という10人制のラグビーなどがあります。

その一つである「セブンス(7人制)」のラグビーオリンピックリオデジャネイロ大会で正式種目に採用された事もあり、日本だけでなく世界各国で強化が始まっています。

7人制は「サッカーとフットサル」のような違いではなく、15人制と同じ大きさのグランドを7人対7人でゲームを行います絵文字:笑顔
そのため、長いパスや15人制のゲームでは見られないような早い展開、100m近くを走りきるようなビックゲインがしばしば見られて、15人制とは一味違う興奮が味わえます。また、1試合は7分ハーフと短いので、よりクイックネスが求められると同時に、1日に数試合行うスタミナも要求されます絵文字:困った 冷汗

高校生でも小さな大会はあったのですが、今年度から本格的に全国大会が開催される事になり、その県予選が6月21・22日(土・日)に開催されます。

6月16日に予選会の抽選会があり、対戦相手が決まりました。

6月21日() 熊谷ラグビー場Cグランド
13:40~  立教新座高校
14:20~  岩槻北陵高校

と対戦します。

三校のリーグ戦で1位になると翌日(22日)の決勝トーナメント(16校)に進出します。

決勝トーナメントに進出できるように頑張ります。
応援よろしくお願いいたします絵文字:よろしくお願いします

ラグビー部 国体予選南部地区予選(三位決定戦)

前日の大風がすっかりやんだ5月11日に国体予選の南部地区予選が行われました。

大高は三位決定戦で川口高校と対戦です。
各地区の三位までが県大会に出場する事ができる「負ける事ができない」試合でした。

試合はキックオフ直後の開始2分で、大高の連続攻撃からフルバックが抜け出し、最後はウイングに回して先制トライを挙げます。(7-0)

そこからはお互いに良く攻め、良く守り、得点が動かないままの前半24分に大高ゴール前のラックの脇を突かれてトライを奪われます。(7-5)
しかし前半28分にタックルから相手のボールを奪い、ウイングが80mを走りきって追加点を挙げて前半を終了します。(12-5)

このまま油断せずに後半もしっかりとゲームを進めようと話をして後半に臨みました。

後半10分に相手のミスしたボールをインゴールに持ち込みますが、相手の必死のディフェンスにグラウンディングができず、トライを取る事ができませんでした。

そして後半14分、パスミスをインターセプトされ、そのままトライされて同点に追いつかれてしまいました。(12-12)

少し流れが悪いなと思っていた後半18分にフォワードに押し込まれてリードを奪われてしまいます。(12-19)

なんとか逆転しようと反撃しますが、相手のディフェンスに阻まれ、逆に終了間際に追加点を奪われて12-26でノーサイドを迎えてしまいました。

これで国体予選の県大会出場権を逃してしまいました。
非常に悔しい敗戦です。色々な課題がでています。良かった事はこれが三年生の最後の大会(全国大会予選)ではなかったことです。これが最後の大会ならば悔やんでも悔やみきれないゲーム内容です。

「やるべき事をやりきる」
「準備は綿密に、本番はシンプルに」


簡単なようで難しい事ですね。大人でも難しい事だと思います。でも大高生にとって、やってやれない事では決してありません。

これからまた心技体全てを見直して鍛えていきたいと思います。

今後も温かいご支援をよろしくお願いいたします。

次の公式戦は今年度から新設された7人制全国大会県予選です。
6月21・22日(土・日に行われます。


最後になりますが、当日多くの保護者や関係者のご声援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございました。

ラグビー部 国体予選南部地区予選(準決勝結果)

GWの終盤の5月5日に国体予選の南部地区予選が行われました。
大宮高校は準決勝で川口北高校と対戦しました。勝てば2位以上になり、県大会進出が確定します。

試合は大宮のキックオフから始まり、敵陣での攻防が5分ほど続きましたが、相手に一気に大宮のゴール前まで攻め込まれ、こちらの反則もあり、先制のトライを奪われてしまいます。(0-7)その後は一進一退の攻防が続きますが、前半20分に大宮のゴール前のラインアウトから押し込まれて追加点を奪われます。(0-12)

しかし、その後の前半21分にフォワードで崩してからバックスに展開するという、スピードのある攻撃でトライを挙げます。(7-12)

その状態でハーフタイムを向かえました。ハーフタイムでは「反則をしないこと・敵陣にいる時間を増やす事」などを確認しました。

後半も中盤での攻防が続く中、後半23分にゴール前まで攻め込まれて、密集の脇を攻められてゴールラインを割られてしまいます。(7-17)
ここでもう一度反撃を・・・という所でしたが、後半26分にまたしてもフォワードで崩されて追加点を奪われてしまいます。(7-24)

ノーサイドの時間が近づき、なんとか一矢を報いてもらいたいと考えていた所で大宮の反撃が始まり、力強い連続攻撃でトライを奪うことができました(14-24)。

最後にもう一度反撃をしましたが、このまま14-24でノーサイド。

来週の三位決定戦に臨む事になりました。

負けてしまいましたが、大宮の強い点と弱い点がはっきりとしたゲームだったと思います。
課題が明確になるという事は今後の強化にも必ずつながります。

次の試合は

5月11日() 対 川口高校
         浦和工業高校G    11:00 キックオフ

です。

なんとしてでも三位になって県大会へ進出したいと思います。

また、この日も多くの保護者や関係者の応援と差し入れをいただきました。
GWだということもあり、3月に卒業したOB・OGも応援に来てくれました。
ありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 国体予選南部地区予選(一回戦結果)

4月とは思えない陽気の中、国体予選の南部地区予選が行われました。

大高は一回戦で浦和学院高校と対戦です。
新人戦では勝っているとはいえ、お互いにこの冬に一生懸命練習してきているので油断しないように、この試合のテーマを「RESPECT」として臨みました。「RESPECT」とはラグビーでは良く使われる用語で、相手、レフリー、味方同士、観客、全てに敬意を持つと言う意味があります。この試合以外でも常に意識していて活動していくべきものです。

ゲームは大宮ペースで進み、相手のミスもあって得点を挙げていきました。

結果的には102-0勝利し、次の準決勝に進むことができました。
準決勝で勝って2位以上を確保すれば県大会への進出が確定します。
相手は川口北高校で、新人戦や練習試合では負けている相手です。あと一週間でしっかりと準備してなんとしても勝ちたいと思います。

次戦は
5月5日(月・祝) 対 川口北高校
         川口北高校G   10:00キックオフ

です。


また、この日も多くの保護者や本校の先生の応援をいただきました。誠にありがとうございます。
今後もご声援のほど、よろしくお願いいたします。

ラグビー部 国体予選南部地区予選

関東大会予選の二回戦が終了し、ベスト8が決まったので、それに伴って国体予選の地区予選の組み合わせが決定しました。

一回戦 4月27日
 対 浦和学院高校  
        浦和工業高校G 11:00キックオフ(25分ハーフ)

二回戦(準決勝) 5月5日(月・祝
 対 川口北高校   
        川口北高校G   10:00キックオフ(30分ハーフ)

決勝・三位決定戦・順位決定戦
5月11日()   浦和工業高校G

一戦一戦頑張ります。
地区で三位以上になれれば県大会に出場できます。

応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 関東大会予選一回戦

だいぶ暖かくなってきた4月13日(日)に関東大会予選の一回戦が行われました。

大高は熊谷工業高校と対戦です。熊谷工業高校は県内で唯一全国制覇を成し遂げている強豪チームです。その強豪校にチャレンジしてきました。

 ゲームはこちらの特徴を活かして「陣地を取る事を優先にゲームを進めていこう」、「ディフェンスを頑張ろう」と言って臨みましたが、前半2分と5分にトライを奪われてしまいます。(0-12)
 その後はもう一度戦術とディフェンスを確認し、試合を立て直します。相手陣ゴール前まで攻め込みますが、得点を挙げる事ができずに前半を終了しました。
 そして後半3分、相手の反則からゴール前に攻め込み、モールを押し込んでトライを挙げます。(5-12)
 さあ、ここから反撃を・・・と言う所ですが、こちらのミスもあり、追加点を挙げられ、その後も頑張ってディフェンスをするのですが、少しずつ体力も消耗し、トライを献上してしまいました。
最終的には5-36で敗戦です。

 ラグビーは自分のやりたい事だけをやれる競技ではありません。相手がいて、相手のやってくる事に対応しながらゲームを進めていく「intelligence」の部分が非常に重要です。そこがラグビーの面白さです。そして、大高生ならその「intelligence」の部分で勝負ができると思います。これからも体力や技術だけでない部分を鍛えていきたいと思います。

今回の敗戦で大高の関東大会予選は終了しました。
次の公式戦は
4月27日(日)国体予選南部地区予選です。
南部地区から三校が県大会に出場できます。
対戦相手は4月19日(土)の関東大会予選二回戦の結果次第です。


最後になりますが当日は多くの保護者や関係者の皆様の応援と差し入れをいただきました。
ありがとうございました。


今後も応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 関東大会予選

新年度が始まり、ラグビー部の関東大会予選の抽選会が行われました。

一回戦
4月13日() 対 熊谷工業高校 
             熊谷工業高校G  10:30キックオフ

一回戦から強豪校との対戦です。できる限りの準備をして試合に臨みたいと思います。

二回戦
4月19日(土) 深谷高校と栗橋北彩高校の勝者
           熊谷工業高校G 10:30キックオフ

三回戦 4月26日
準決勝 5月4日
決勝・三位決定戦 5月10日



また、現在新入生の勧誘を頑張っています。
高校で新しい事にチャレンジしようと考えている人を応援します。

ぜひグランドに来て体験してください。見学も待っています。

ラグビー部 卒部式&四地区対抗戦

前回から2ヶ月も間が開いてしまいました。
学年末考査も終わり、もうすぐ春休み・・・
 
 大高では15日卒業式が行われましたが、その一週間後の22日にラグビー部の卒部試合と卒部式が行われました。
  
 まずはグランドで在校生とのミニゲームです。卒部生は終始リラックスしながらも真剣にゲームを行い、在校生へ身体と身体でのメッセージを伝えてくれました。
 
 その後は保護者主催の卒部式です。ここでは自分の進路や三年間の思い、支えてくれた保護者や先輩後輩への感謝の気持ちを言葉で伝えてくれました。
 
  
 この14名が高校へ入学してラグビーと言う新しいスポーツを選び、三年間やり遂げてくれた事に感謝します。現役で大学に進学する人、浪人してさらに大学へのチャレンジを続ける人、進む道はそれぞれですが、三年間苦楽を共にした絆を大切にして、今後の人生を歩んでいって欲しいと思います。
  
 
 また、3月21日と23日には埼玉県の四地区対抗戦として、1・2年生のそれぞれの学年で選抜チームを組んでの対抗戦が行われました。(1年生の試合は21日のみ)
 大高からは1年生の選抜に4名、2年生の選抜に3名が選出され、それぞれが頑張ってくれました。
 
          2年生                    1年生
 
 その中で1年生の 千葉 賢 君(1年6組)が四地区対抗戦での活躍が評価されて、全埼玉C(全県からの1年生の選抜チーム)に選出されて、3月23日の全群馬Cとの交流戦に出場しました。試合では観客からどよめきが起こるくらいのタックルをきめてくれました。
 
 
 
中学生の皆さん、大宮高校でラグビーを始めてみませんか。
今回の記事で南部選抜や全埼玉Cに選ばれた人はもちろん、大高ラグビー部の全部員が、大高に入学後にラグビーと出会い、立派に成長して卒業していきます。
 
「ラグビーは少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の魂を抱かせる」(ジャン・ピエール・リーヴ:ラグビーフランス代表・芸術家)
 
 
こんなスポーツを一度体験してみてください。

ラグビー部 新人戦南部地区予選&OBの活躍報告

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 
年末年始はバタバタしてしまい、あっという間に過ぎてしまいました。
その間に新人戦は日程が進み、
12月28日(土)に地区予選の決勝トーナメント準決勝戦が行われ、大高は県立川口高校と対戦しました。
序盤は一進一退の攻防でしたが、ちょっとした隙を突かれて先制点を奪われ、修正がうまくいかないまま最終的に5対15敗退し、三位決定戦に回りました。
 
そして1月3日には恒例のOB戦を行いました。
30名を越えるOBとその御家族が来校し、現役生との交流戦をしていただきました。ラグビーは激しいスポーツですが、一端楽しみ方を知ると生涯を通じて親しめるスポーツです。そしてOBはやはり上手で、年の差を考えると20歳近く違うプレーヤーとチームを組んでも自然とチームプレーができるんですよね。今の現役生も是非そうなって欲しいと思います。
 
 
年明けの新人戦は昨日(1月6日)に地区予選の最終日として川口北高校と三位決定戦を行いました。
 
試合の序盤は敵陣に攻め込み、もう一歩で得点を挙げられそうでしたが、こちらのミスと反則で逆に攻め込まれ、よく守っていたのですが失点をしてしまいます。
そして疲れも見え始め、5対29でノーサイドとなってしまいました。
 
この結果南部地区4位となり、県大会への出場は叶わなくなってしまいました。
 
結果は残念ですが、真摯に受け止め、春の関東大会予選に向けてトレーニングをしていきたいと思います。
 
また、当日は年明けの平日で多くのところが仕事始めだと思うのですが、多くの保護者や関係者の皆様の応援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございます。
 
 
 
最後に、昨日、全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会という、有料試合を行っていない大学による全国大会で、東京学芸大学ラグビー部優勝しました。
東京学芸大学の11番柳沢純君は本校の平成22年度の卒業生で当時のキャプテンです。
当時からラグビーが大好きで、気持ちとプレーで部員を引っ張ってくれていました。進学してもラグビーを続けてくれている一人です。今後のますますの活躍を期待しています。
 

ラグビー部 新人戦南部地区予選

後期中間考査や予餞会も終わり、学校は冬休みです。
ラグビー部は新人戦の地区予選が再開しました。
 
南部地区予選の予選リーグとして、12月22日(土)に浦和学院高校と対戦しました。
勝てばリーグ2位となり、上位のトーナメントに進出が決まります。
試合は序盤から攻め込み、得点を量産します。相手の浦和学院が1年生主体のチームという事もありましたが、大高は公式戦として相手をリスペクトして自分たちのやるべき事をしっかりと遂行して試合を進めました。
 
結果は109対0勝利し、上位トーナメントへ進出を決めました。
上位トーナメントで3位までに入れば、県大会への出場が決まります。
また、この結果南部地区で4位以上が確定し、春の関東大会予選への出場権を得る事ができました。
 
次の試合は12月28日(
   対 川口高校  
           伊奈学園総合高校G  12:00キックオフ
 
です。
川口高校は他方の予選リーグを1位で通過しています。しっかりと準備をして試合に臨みたいと思います。
 
また、当日は大勢の応援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございます。
 
なお、1月3日には恒例のOB戦により練習初めとなります。OBの皆様の御参加をお待ちしております。

ラグビー部 後期中間考査前 勉強会

火曜日から後期中間考査一週間前として、ラグビー部で集合して勉強会をしています。
部活と同じくらい、いや、それ以上(?)に集中して取り組んでいます。
こちらもしっかりとやりきって欲しいと思います。
 
試験後には新人戦が再開されます。

   
 

ラグビー部 新人戦南部地区予選

新人戦の地区予選が始まりました。
 
大高ラグビー部は11月24日に初戦を伊奈学園と対戦しました。
伊奈学園は今年の関東大会に出場し、全国大会予選でもベスト8に入っているチームです。新チームになっても強いだろうと多くの人が予想していました。
 
「厳しい試合となるが、しっかりと準備をして真面目にディフェンスをしていこう」と練習を重ねて試合に臨みました。
 
試合では練習の成果を本当によく発揮し、早いポジショニングからしっかりとタックルを決めて、よく身体をはるディフェンスを見せてくれました。前半は伊奈学園を1トライに抑えて0-5で試合を折り返します。後半も良く守り、何度か相手陣に攻め込むものの、得点を取る事ができませんでした。ディフェンスも守りの時間が多い分、徐々にスタミナを奪われ、後半は3トライを奪われて0-24で惜敗しました。
 
非常に良い試合で、悔しい敗戦です。しかし、新人戦の地区予選はこれで終わりではなく、予選リーグ後に決勝トーナメントを行い、上位三校に入れば県大会出場ができます。
残りの浦和学院戦に勝利すれば決勝トーナメントに進出する可能性が残っています。
また、この試合に向けてディフェンスの練習を重ねた結果が試合に良く出ており、「練習の成果が試合に出る」事が実感できた日でもありました。
 
このチームはまだまだ進化します。更なるレベルアップに向けて頑張ります。
 
次の試合は
12月22日( 対 浦和学院    川口北高校G 13:00キックオフ
です。
 
最後になりましたが、この日も多くの保護者の皆様(三年生の保護者の皆様も)、関係者の方に応援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございます。   

ラグビー部 新人戦南部地区予選組合せ

新チームが始動して早一ヶ月が過ぎました。
 
花園予選は今週末にベスト4が戦われますが、新チームは既に始動し、今月末からは新人戦が始まります。
 
11月6日には新人戦の地区予選の抽選会が行われ、南部地区予選の組合せが決定しました。
 
南部地区では参加7チーム(合同チーム1つを含む)を二つのグループに分けて予選リーグを行い、それぞれの上位2チームで決勝トーナメントを行い、3位までが新人戦の県大会に出場できます。大高は前年度5季ぶりに県大会出場を果たしました。
新チームの最初の目標として、この南部地区予選で1位となり、2年連続の県大会出場を掲げました。どの試合も気の抜けない厳しい試合となりますが、最終的な目標である「花園予選ベスト8・熊谷Aグランドで戦う」を達成できるように頑張っていきます。
 
予選リーグの組合せは
リーグ:大宮・伊奈学園・浦和学院
 
11月24日()  対 伊奈学園  伊奈学園G  11:00キックオフ
12月22日()  対 浦和学院  川口北G    13:00キックオフ
12月28日(土)  決勝トーナメント1日目
1月6日(月)    決勝トーナメント2日目
 
上位3位までが1月12日(日)からの県大会に出場します。
また、この地区予選の5位までが春の関東大会予選の出場権を得る事ができます。
 
応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 花園予選二回戦

 秋晴れとは言えないくらい暑くなった22日(日)、花園予選(全国大会予選)の二回戦が行われ、大高は松山高校と対戦しました。
 
 松山高校は春の国体予選で上位に進出した強豪校であり、二回戦からの登場です。
大高ラグビー部は一回戦を勝ち上がってからの一週間しっかりと準備をして臨みました。
 
 試合はキックオフ直後に相手陣に攻め込み、ペナルティゴールを狙う機会を得ますが、惜しくも外してしまいます。しかし、その外れたボールを良く追いかけて、相手ゴール前でスクラムのチャンスを獲得します。
  このチャンスを活かせれば・・・と誰もが思ったのですが、相手も必死に守り得点を挙げられませんでした。
 そして前半12分、ラックのボールをターンオーバーされ、一気にゴール前まで攻め込まれてしまい、必死に守りましたが先制のトライを奪われてしまいます。
  こういった「少ないチャンスを活かす」力の差があったのかもしれません。その後もこちらが攻め込んだ機会を取り返した時や、大高にミスがあった時に得点を挙げられ、前半で4トライを奪われてしまいました。(0-22)
 ハーフタイムでは「4トライ以上奪わないと逆転できない事」「そのためにもボールを持ち続けて攻める時間を増やす事」を確認しました。
 そして後半を向かえ、大高は果敢に攻めますが、相手もしっかりと守り、ボールを持てる機会を逃さずに追加点を挙げられてしまいました。
 「なんとか一矢むくいたい」と必死に相手ゴール前まで行きますが、得点を挙げることはできず。ノーサイドを迎えてしまいました。(0-41
 
 とても悔しい敗戦です。三年生の最後の大会が終わってしまいました。
 今年度の三年生は大高ラグビー部としては久々に二桁の人数が入部してくれた代であり、基礎体力も高い生徒が多かったのです。それだけに上位を進出できる機会もあり、新人戦では五期振りに県大会への出場も果たせました。
 それだけに・・・残念でなりません。
 大会ですし、試合ですから勝つこともあれば負ける事もあります。
 ラグビー部の最後の大会はこの時期に開催され、大高の多くの三年生は既に受験勉強に集中しており、その中で部活動をする難しさもあったかもしれません。しかし、それは今までの大高生も同じです。今年の三年生も言い訳することなく頑張ってくれました。ベスト8に進出するためにはどうしたらよいかを真剣に考え、時には激しく議論していました。それだけに悔しいのです。
 
 三年生も同じ悔しさを共有してくれていると思います。また、悔しさと共に「それだけ全力で取り組めた物を持った事」、「全力で取り組んだからこそできた仲間との強い絆」を得てくれたと思います。その思いをを糧にして残り半年の大高生としての生活、受験生としての生活、今後の人生を歩んで欲しいと思います。部活動をこの時期までやった事は、大学受験に決してマイナスではないですし、むしろプラスにするくらい気持ちを切り替えて一心不乱に勉強に励んでください。
 
 この日も多くの保護者、OB、OBの保護者をはじめ多くの関係者の方に応援や差し入れをいただきました。誠にありがとうございます。
 
 三年生は部活動を終了しますが、ラグビー部は今日から新チームを始動します。
  11月には新人戦を控えています。もう一度チーム作りです。心身ともに鍛えていきます。
 
 今後もご支援、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

ラグビー部 花園予選一回戦

連休は台風で県内の被害が大きかったようです。お見舞い申し上げます。
 
ラグビー部の全国大会予選は台風が上陸する前の14日(土)に一回戦を行いました。
 
相手は狭山工業高校です。練習試合等で対戦した事が無く、評判も高い学校だったので、その分余計な先入観もなく、しっかりと準備をして試合に臨めたと思います。
 
試合は開始2分、スクラムからバックスで前進し、フォワードの周辺にボールを固めて先制のトライを奪います。(5-0)
しかし、その後はゴール前まで行くものの追加点を挙げることができず、逆に自陣ゴール前に攻め込まれてしまいますが、懸命に守って双方得点のないままハーフタイムを迎えます。(5-0)
 
ハーフタイムでは「しつこいくらい敵陣に行く事」「全員の意識を統一する事」を確認して後半に臨みました。
 
後半では全員の意識が高まり、2トライを追加します。
その後相手に1トライ返されるものの、ダメ押しのトライも取り、最終的には22-7勝利し、二回戦に進出しました。
 
当時はA週土曜日で授業があったにもかかわらず、50名を越える生徒が授業後に駆けつけてくれました。普段とは違うラグビー部員の姿を見てもらえたと思います。
また、多くの保護者やOB、関係者の方々の応援をいただきました。
誠にありがとうございます。
 
二回戦は今週末、
9月22日() 対 松山高校
   進修館高校グランド  14:15キックオフ
です。
 
松山高校は春の国体予選で上位に進出しているチームです。良いチームですが、大宮もしっかり準備をして強い気持ちで臨めば必ず勝利を手にする事ができると思います。
 
応援よろしくお願いいたします。
 
 

ラグビー部 全国大会予選開会式

本日、全国大会予選の開会式が熊谷ラグビー場で行われました。
 
雨が心配されましたが、開会式が始まると雨もやみ、堂々と行進を行いました。
この大会の開会式はテレたまでも放送され(9月7日20時より)、バックスタンドに各校のバッグで人文字ならぬ「バッグ文字」を作る事でちょっと評判です。
 
大宮高校は・・・昨年まではアルファベットの「O」でしたが、人数も増えた今年は大宮の「」を作ったようです。
 
 
 
そして、今年から保護者の皆様に横断幕も作成していただきました。
 
 
「No Excuse!」
“言訳無用”「勉強があるからラグビー(部活)ができない、ラグビー(部活)があるから勉強ができない」
文武両道を目指している以上、避けてはいけない事です。それを肝に銘じて部活動に、勉強に励んで欲しいと思います。
 
ラグビー場の芝は素晴らしく手入れをされており、このグランドでプレーするにはベスト8まで勝ち進まなければなりません。
 
Aグランドに戻ってこれるように頑張ります。
 
一回戦は9月14日) 対 狭山工業高校
                   所沢北高校にて14:15キックオフです。
 
応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 全国大会予選 組合せ

本日、全国大会予選の組合せ抽選会が行われました。
 
抽選の結果
 
一回戦 9月14日(土)
  対 狭山工業高校    所沢北高校G   14:15キックオフ
 
二回戦 9月22日(日)
 対 松山高校        進修館高校G   14:15キックオフ
 
三回戦 10月13日(日)   熊谷ラグビー場Cグランド   11:45キックオフ
 
準々決勝 11月2日(土)  熊谷ラグビー場Aグランド   14:30キックオフ
 
準決勝  11月9日(土)  熊谷ラグビー場Aグランド   12:00キックオフ
決勝    11月16日(土) 熊谷ラグビー場Aグランド   12:35キックオフ
 
  一回戦から気の抜けない相手となりました。しかし、その分チームの成長を感じられる大会になると思います。
「本番まで伸びる大高生」の実力を遺憾なく発揮して欲しいと思います。
 
一戦一戦全力で戦い、目標のベスト8までいけるように頑張ります。
応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部  夏休み終了!!

あっという間に夏休みが終了しました。
 
 恒例の菅平合宿も無事に終了し、埼玉に戻ってきてからも勝ち負けは両方あるものの、順調にチーム力を上げて三年生の最後の大会、花園予選に臨めると思います。
 
 
 
 花園予選は
 9月3日(火)  組合せ抽選会
 9月7日(土)  開会式
 9月14日(土) 一回戦
 9月22日(日) 二回戦
10月13日(日) 三回戦
11月2日 (土) ベスト8
11月9日 (土) 準決勝
11月16日(土) 決勝
 
となります。
 大宮高校の目標はベスト8、熊谷ラグビー場Aグランドで試合をする事です。
  三年生の最後の大会に懸ける思いは非常に強く、1・2年生もそれに引っ張られて頑張っています。
 組み合わせ等が決まり次第ご連絡いたします。
 応援よろしくお願いいたします。
 
最後になりましたが、この夏休み中に合宿をはじめ練習試合に多くの差し入れや応援をいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
 

ラグビー部 いよいよ夏合宿(菅平)

申し訳ありません。前期期末考査前からすっかり更新が滞ってしまいました。
前期の期末考査、スポーツ大会が終了し、夏休みに入って早一週間以上経ってしまいました。
 
大高生は豊富な課題を進める中、部活動にも熱心に取り組んでいます。
 
多くの部活動では三年生が最後の大会を終えましたが、ラグビー部の最後の大会は9月からなので、三年生も部活動に全員参加です。(三学年の学習合宿には全員参加しましたが)
 
今年の夏は猛暑になると予想されていましたが、練習中はそんなに暑くなる事もなく、順調に過ごせています。
 
そして今週末の8月2日からはいよいよ菅平での合宿があります。今年度も不動岡高校と午前中の練習は合同で行い、午後はそれぞれで試合をするという日程です。
 
練習試合は
8月2日(金) 大阪府立三島高等学校
8月3日(土) 明治学院東村山高等学校
8月4日(日) 市川学園高校(千葉) 埼玉県立朝霞高等学校
8月5日(月) 埼玉県立不動岡高等学校
です。グランドと時間は前日になるまでわかりません。
 
8月6日に下山してきます。
 
毎年恒例の合宿ですが、この合宿を通してラグビーのプレーだけでなく、心身ともに成長する生徒を見ることができます。
今年も大きく成長して欲しいと思います。

ラグビー 南部地区セブンス大会

梅雨の休みの晴れ模様の中、6月23日(日)に南部地区セブンス大会が開催されました。
 
この大会は今回で20回目となります。
大宮高校は2・3年生で2チーム編成して大会に出場しました。
 
ラグビーは普通は1チーム15人で行いますが、セブンス(7人制)の試合もあり、普段とは違うポジションをやったり、一人あたりのスペースが広くなる分、視野の広いプレーが要求されます。そういったプレーは15人制のラグビーにも役に立ちます。
また、セブンスラグビーはオリンピックリアデジャネイロ大会から正式種目になり、日本協会をはじめ、世界でも強化が始まっています。
 
毎年の事ですが、この大会のチーム分けや戦術等は生徒に任せて臨ませています。
予選リーグでは
大宮高校A
対 浦和工業B    26-0で勝利
対 川口北       7-0で勝利
対 浦和        17-0で勝利
 
リーグ全勝1位通過でカップトーナメントに進出しました。
 
大宮高校B
対 伊奈学園B    0-14で敗退
対 浦和A      45-0 で敗退
対 連合(浦和学院・川口青陵)  31-0で勝利
 
の1勝2敗で3位としてボウルトーナメントに進出しました。
 
決勝トーナメントでは
1回戦の大宮A対伊奈学園Aで終了15秒前まで7-5で勝っていたものの、こちらの反則から逆襲され、7-10で敗退してしまいました。
大宮Bは1回戦で川口Bに10-5に勝利し、ボウルの決勝戦に進んだものの、決勝戦で川口Aに0-21で敗退し、ボウル2位でセブンス大会を終了しました。
 
色々な課題が出た試合ですが、非常に良い経験でした。これを花園予選に活かせるようにしていかなければなりません。最後の試合で「やり遂げた。成し遂げた。」と思えるように頑張っていきたいと思います。
 
また、この日は各校の1年生同士の試合が行われました。
まだルールの理解ができていなかったり、少し怖がっている面もありましたが、身体をぶつけるごとに元気になり、良いプレーが多くなってきました。今後がとても楽しみです。
 
これで春シーズンの公式戦は終了です。来週の金曜日からは試験一週間前の集団勉強期間となります。ただ、「ラグビーを忘れて・・・」ではなく、こんな時こそインテリジェンスな部分を磨いて欲しいと思います。
 
最後になりましたが、昨日も多くの応援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございます。
 
今後も応援よろしくお願いいたします。

ラグビー 国体予選県大会

梅雨入りはしましたが、晴天で気温も上がった6月1日に国体予選県大会の一回戦が行われ、
大宮高校は熊谷工業高校と対戦しました。
 
熊谷工業高校は全国大会で優勝した事もある強豪校で、埼玉の高校ラグビーを牽引してきた高校です。最近では久しく全国大会への出場はできていませんが、それでも強い相手です。
 
大宮はその相手にできる限りの準備をして、万全の体制で臨みました。
 
試合は大宮ペースで始まります。
試合開始5分、相手陣ゴール前まで攻め込み、モールの横をすり抜けて先制のトライを挙げます(5-0)
そして前半12分、16分と立て続けに得点を重ねて、19-0とリードします。
これで勝ったと油断した…わけではありませんが、相手も試合巧者です。こちらのプレーに対応してきて、徐々に陣地とボールのポゼッション(ボール支配率)を奪われます。
 
そして前半23分と31分にモールを押し込まれてトライを奪われます(19-12)
 
ハーフタイムの修正はラインアウトの見直しとモールディフェンスでした。
しかし、後半には疲労も見え始め、徐々にミスが多くなり、後半8分にモールで得点され(19-17)、その後は良く守っていたものの、敵陣に攻め込む事ができずに後半24分、やはりモールでトライをされ、逆転されてしまいました(19-24)。
 
その後は攻めるしかないと頑張ったのですが、こちらのミスや相手の巧みさもあり逆転できずにノーサイドとなってしまいました。(19-24
 
選手は良くがんばりました。最初にリードした所は本当にうまくいっていたと感じていた事でしょう。そして、その後の展開で修正できなかったのは、指導者の責任です。うまくいっている時や少し「ヤバイ」と感じたときにいかに修正や応用がきくかが勝負の分かれ目です。これを指導できなかった指導力不足を痛感しました。
 
これは部活動だけでなく、普段の生活や勉強にも言えますね。
正に「やっているだけの部活動」、「形だけの文武両道」では意味が無いという事です。生徒にもそのメッセージが届いて、身につけてくれるように頑張って指導していきます。
 
また、その人の人間力の強さは勝った時だけでなく、負けた後にどうするか、どう成長を見せるかが大切だと思います。
 
幸い、三年生はこの試合で終わりではなく、秋の花園予選があります。ここから夏休み明けまで、心身ともに鍛えていきたいと思います。
ラグビー部の部員たちならきっと大きな成長を見せてくれると思います。
 
また、この日も熊谷まで多くの方に応援に来ていただきました。厚く御礼申し上げます。
 
今後も応援のほど、よろしくお願いいたします。

ラグビー 国体予選県大会組み合わせ

本日、国体予選県大会の組合せ抽選会があり、組合せが決定しました。
 
一回戦 6月1日(
 対 熊谷工業高校 熊谷工業高校Gにて10:30キックオフ
です。
 
相手は北部地区2位ですが伝統のある強豪校です。しかし、しっかりと準備をして、大宮の持ち味である「勤勉なラグビー」ができれば絶対に勝てると思います。また、この大会の一回戦に勝利すると、花園予選へのシード権を得る事ができます。シード権の獲得に向けてチャレンジャーの気持ちで頑張りたいと思います。
 
一回戦に勝つと、二回戦は正智深谷高校と川越東高校の勝者と、6月8日(土)に対戦します。
 
また、一回戦に勝つとそれ以降の、
 
二回戦               6月8日(土)
準決勝・順位戦        6月12日(水)
決勝・三位決定戦・順位戦  6月16日(日)
 
の三日間とも試合があります。(会場は三日間とも熊谷ラグビー場Cグランド)
 
応援よろしくお願いいたします。
 
 
 

ラグビー 考査前の勉強会

 本日より前期中間考査前の部活動停止期間となります。
 ラグビー部は以前より行っていますが、部員全員で集合して勉強会です。
「個人でやりたい・・・」と思う人もいるでしょうが、ここでも学年を越えての絆を深め、「部活も勉強も頑張る」という雰囲気を持って欲しいと考えて取り組んでいます。
 
 1年生にとっては普段の部活動とは違う先輩の雰囲気を感じられる良い機会でしょう。やはり勉強もしっかりやってこその部活動ですから。
 また、1年生は昨日までは17:30頃に部活を終え、18:00下校にしていましたが、この勉強開会では先輩と同様に19:00まで自習をしていく事になります。 
 
 嬉しい事に部員が増えて一つの教室では入りきらないので、二つの教室に分かれて勉強会をしています。
 
 

ラグビー 国体予選南部地区予選(地区予選1位通過)

ゴールデンウィークの真っ只中、高校の部活動は大会三昧です。
 
 ラグビー部は国体予選が行われました。
 まずは5月3日に地区予選の準決勝として県立川口高校と対戦しました。
 この日のテーマは「守り勝って、攻め勝つ」でした。
 試合は序盤から果敢に攻撃し、守りも良くがんばり、前半で21-0とリードします。
 後半も引き続き・・・といきたい所でしたが、後半5分と16分にトライを奪われ、大宮もペナルティゴールを決めますが、徐々に追いつかれてきました。
 そこから気持ちを入れなおしてしっかりと守り、試合終了間際にダメ押しのトライを挙げて31-12で勝利し、決勝戦へとコマを進めました。
 
 そして5月6日に決勝戦として川口北高校との対戦です。
 先日の反省を踏まえて、この日のテーマは「守り勝つ」でした。
 相手の強い点とこちらが注意する点を確認して試合に臨みましたが、前半6分と19分にトライを奪われ、0-12とリードされてしまいます。しかし、前半終了直前にゴール前のラックを連取してトライを挙げ、7-12で後半を迎えます。
 ハーフタイムではもう一度守りの方法を確認して、しっかり守りきる意識を高めて後半に臨みました。
 後半は一進一退の攻防が続きましたが、後半15分にインゴールまで攻め込むもパイルアップでトライならず。その後もう一度ゴール前でモールを組み、バックスも一体となって押し込んで勝ち越しのトライを挙げます。
 その後は相手の攻撃を守りきり、14-12でノーサイドを迎えます。
 
 この結果、南部地区1位となり、6月1日からの県大会に出場します。
 この地区大会には関東大会に出場する浦和高校と伊奈学園高校は出場していませんが、それでも厳しい試合を勝ちきれた事はとても素晴らしく、生徒の成長を感じます。特に決勝戦では、リードされている状況から逆転勝ちを修める事ができたのはとても大きいです。
 
 この国体予選県大会の結果で秋の花園予選のシード順も決まっていくので、県大会でも上位進出ができるように頑張っていきます。
 
 その前に「前期中間考査」という避けられない戦いが待っていますが・・・
 
 最後に、両日ともゴールデンウィークにも関わらず多くの保護者、OB、OBの保護者の皆様の応援と差し入れをいただきました。厚く御礼申し上げます。
 県大会の対戦相手や予定は5月27日に決定します。
 
 応援よろしくお願いいたします。

国体予選南部地区予選(ラグビー部)

 関東大会予選に敗退し、次の大会は国体予選になります。
 
 国体予選は関東大会予選のベスト8に進出したチームがシードされ、残りのチームで各地区で予選を行い3チームが県大会に出場できます。
 先日関東大会予選の2回戦が行われ、ベスト8が決まった事で、国体予選の南部地区予選会の組み合わせが決まりました。大宮高校は新人戦で南部地区の2位になっているので、一回戦はシードとなります。
 
二回戦
 5月3日金・祝) 対 川口高校と埼玉栄高校の勝者
              川口北高校Gにて 13:00キックオフ
 
決勝戦・三位決定戦
 5月6日月・振替休日) 浦和工業高校G
 
 二回戦に勝てば県大会の出場が決まります。
 新人戦で地区1位となった伊奈学園は県でベスト8に入り、この予選には出場しません。
他のチームも新人戦以来、実力を伸ばしていると思いますが、頑張って地区1位通過を目指したいと思います。
 
 応援よろしくお願いいたします。

関東大会予選1回戦

強風の吹き荒れる中、4月14日(日)に関東大会予選の1回戦が行われました。
 
対戦相手は川越工業高校、第5シードであり、1月の県大会1回戦では5-62で敗退している相手です。
 
大高もこの3ヶ月間トレーニングを行い、対策も行って試合に臨みました。
 
試合は風上の陣地を取り、前半で攻勢をかけようとしましたが、開始4分にゴール前のスクラムをターンオーバーされて先制トライを奪われます。(0-5)
 
その後、敵陣10mでのペナルティゴールを決め、3-5としますが、相手の細かい動きと当たりの強さに押されて追加点を奪われてしまいます。
前半を3-17で折り返しました。
 
このチームの良い点はハーフタイムでしっかりと修正点を話し合い、それを全員で共有していこうとする姿勢がある事です。この日もしっかりと修正していました。
 
しかし、風下に立った後半では、相手もキックを利用して陣地取りを仕掛けられ、追加点を奪われて点差を広げられてしまいました。
結果は3-43で1回戦敗退です。
 
悔しい結果です。しかし、やらなければならない事も見えました。
まずは一つ一つの練習に本気で取り組む事です。
 
部活動の練習は楽なものばかりではありません。どちらかというと苦しい事が多いでしょう。
しかし、それを乗り越えた時に手に入れるものは何よりも変え難いものが得られるでしょう。
 
まさに大高で言われる「楽ではないが、楽しい学校」ですね。勉強だけでなく部活動も全力で取り組むべきなのです。三年間しかない高校生活、勉強だけではない充実感を得て欲しいと思います。
 
次の大会はゴールデンウィークの国体予選南部地区予選です。
組み合わせは今回の関東大会予選の結果によって変更があるので、確定次第連絡いたします。
 
また、この日も多くの応援と差し入れをいただきました。大変感謝しております。
今後も応援よろしくお願いいたします。

関東大会予選

本日、平成25年度の顧問総会と関東大会予選の組み合わせ抽選会が行われました。
 
大高はキャプテンがくじを引き・・・
 
川越工業高校と対戦する事になりました。
 
新人戦県大会の1回戦で敗退している相手です。しかも、川越工業は新人戦で5位となり、今大会の第5シードになっています。
 
しかし、大高ラグビー部もこの2ヶ月一生懸命練習して成長しています。
その成果を見ることができる1番の相手ではないでしょうか。
シード校を相手に決して臆することなく、一生懸命チャレンジしていきたいと思います。
 
関東大会予選1回戦
 4月14日) 対 川越工業高校
             慶應志木高校G 13:00キックオフ
 
応援よろしくお願いいたします。
 
また、大高ラグビー部では進入部員を募集しています。
新入生の皆さん、本日部活動のオリエンテーションがありましたが、新しいことにチャレンジしてみませんか!!ラグビーは仲間のため、自分のために様々なプレーができる素晴らしいスポーツです。グランドで待っています!!

卒部式&春休み(ラグビー部)

 去る3月16日(土)に本校では第63回卒業式が行われました。
 それに遅れること一週間(これに特に意味はありませんが・・・)、23日(土)にラグビー部の卒部式を行いました。
 
 今年の卒業生は男子5名、女子1名の計6名です。卒部ゲームでは卒業生対在校生のゲームを行いました。と言っても、卒業生のプレーヤーは5名しかいないに対し、在校生は20名近くいるわけで・・・卒業生は久々の運動に加えて、ずっと出っ放しだったのでだいぶバテテいたようです。
 そして場所を屋内に移して、保護者が用意してくれた卒部式を行いました。
 ここで卒業生が一人ひとり挨拶をしてくれたのですが、これが本当に素晴らしかった。保護者への感謝、先輩や後輩への感謝、そしてほんの少し顧問への感謝をそれぞれの形で述べてくれました。大会での結果は決して満足する物ではなかったかもしれませんが、結果だけではないものを得てくれたと思います。
 在校生もこんな先輩になれるように頑張って欲しいです。
  そして在校生や保護者、ラグビー部からの記念品を渡して、楽しい雰囲気で式を行う事ができました。
 
 今年度の卒部生は全員現役で大学に進学します。それぞれの進路で全力を出し切る素晴らしさを発揮して欲しいと思います。
 第36代卒部生の皆さん、卒業おめでとう!!
 
 そして、学校が春休みになるとともに、練習試合も多くなります。
 25日(月)には浦和工業で練習試合を行いました。ここでは試合の結果よりも、自分たちが意図している事をしっかりできたかが重要になります。その点ではまだまだ課題が残りましたね。
 今週は28日(木)獨協埼玉高校、29日(金)進修館高校と練習試合が続きます。
 怪我をしている人もいて、厳しい試合となりそうですが、こういう時に精神的にタフにならなければなりません。しっかり鍛えていきたいと思います。
 
 
 4月に入学予定の皆さん、大宮高校でラグビーをしてみませんか!!
 初めての競技は不安もあるかもしれませんが、それはその競技も同じです。現在のラグビー部員は全員、大高に入学後にラグビーを始めたんですよ!
 入学許可候補者説明会の時に配ったチラシを見て、ちょっとでも興味や質問があったら遠慮なくご連絡ください。
 ※チラシでは29日は本校で練習となっていましたが、練習試合に変更になりました。

後期期末考査前(ただいま勉強中)

 新人戦も終了し、ラグビー部は技術や体力を見直すトレーニングをしていました。その中でも練習試合を数試合こなし、春の関東大会予選に向けて頑張っています。
 
 そのトレーニング期間も昨日で一段落し、今日から後期期末考査前の部活停止期間になりました。
 
 大高では教室も19時まで開放し、学校に残って勉強していく生徒がいます。
 
 ラグビー部は集合して勉強会を行っています。本来ならば生徒自身に任せてもいいと思うのですが、普段部活動を一緒に頑張っている仲間と勉強も頑張るという雰囲気を持って欲しい考えもあり、まとまって勉強をしています。もちろん、学校で勉強している分わからない所があればすぐに先生方に質問にいけます。こういった時に頑張りを見せるのも大切ですね。
 
 また、怪我をしている人はこの期間にしっかり治療して欲しいと思います。
 
 普段部活で培った集中力を勉強でも発揮して欲しいと思います。
 
 後期期末試験は来週の火曜日からです。