部活動日誌(R2.2~ )

部活動日誌

【山岳部】12月の山行

山岳部は12月中旬に奥多摩の大岳山に登りました。

  

富士山には雲がかかっていましたが、風のない穏やかな一日でした。

    

奥多摩駅で「ワサピ」の出迎えを受け出発。愛宕山の下ではリスが出迎え。

    

いきなり187段の石段を登って、体が温まりました。鋸尾根には鎖場も出現。

    

鋸山から大岳山にかけて主稜線は、落ち葉に包まれた明るい散歩道でした。

山頂からは、飛龍山から雲取山に続く山々を望むこともできました。

    

綾広の滝付近は 神聖な場所のようです。

  

御嶽神社をお参りし、昔ながらの参道を歩いて、下山しました。

来年はのびのびと山歩きができますように。

2021年は1月の榛名山掃部ケ岳から始まります。

音楽 【音楽部】クリスマスコンサート開催します!!

例年はさいたま新都心コクーン2広場で12月に開催させていただいていましたが、今年は新型コロナウィルスの影響で各種イベントが中止となりました。そこで急遽、さいたま市民会館おおみやで行うこととなりました。

 

日時:令和2年12月18日(金)15:30~16:00

                 (15:10開場予定)

場所:さいたま市民会館おおみや大ホール

(さいたま新都心駅より徒歩17分、大宮駅より徒歩15分)

      入場無料

※感染予防対策としてドア開放等で換気をしますので暖かい服装でお越しください。尚、入場者全員受付にて検温、及び連絡先をご記入いただきます。ご了承ください。

 

【女子バスケ部】新人戦 南部支部ベスト8!

今月上旬より、バスケットボールの新人大会南部支部予選が行われています。

本校女子バスケ部は2回戦の県大会代表決定戦に勝利し、その後も4回戦まで進出し南部支部ベスト8となりました。

3回戦、支部第7シードの上尾鷹の台相手にも自分たちのリズムで試合運びをすることができました。

4回戦は勝利すれば決勝リーグ進出が決まる試合でしたが、支部第2シードの浦和西の激しいディフェンスの前に得点がなかなか伸びず敗退。悔しい結果となりましたが、常に県上位で戦っているチームとの試合を通し、1月の県大会に向けて様々な課題を得ることができました。

今回の結果に満足せず、県大会でも一つでも多く勝ち上がれるよう頑張ります。

応援ありがとうございました。 

 

浦学戦①(白ユニフォーム)

浦学戦②

鷹の台戦①(黒ユニフォーム)

鷹の台戦②

 

【ボート部】関東高校選抜大会出場!

 9月18日、19日に、戸田漕艇場で行われた県新人大会において、

  • 男子ダブルスカル(小林・小西) 2位
  • 女子舵手付きクォドルプル(石澤・萩森・三宅・中田・尾﨑) 2位

の成績を収め、関東選抜大会の出場権を得ることができました。

 

 11月7・8日に戸田漕艇場で行われた関東選抜大会に出場し、

  • 男子ダブルスカル 準決勝敗退
  • 女子舵手付きクォドルプル 5位

となりました。

  

 全国選抜大会への切符はつかめませんでしたが、両クルーともベストタイムを更新し、力を出し切りました。

冬のトレーニングで身体を大きくし、体力をつけ、インターハイ出場に向けて今後の練習に励みたいと思います。

また、このような情勢の中で大会に参加できたことに大変感謝をしています。

 応援、ありがとうございました。

 

【家庭部】食育王選手権 全国決勝大会出場!

第14回 全国食育王選手権オンライン決勝戦参加について

 11月15日(日)、家庭部部員の三浦(2年)、北井(2年)、岡野(1年)の3名(チーム名「大宮高校A」)が、第14回全国食育王選手権オンライン決勝戦に、関東ブロック代表として参加しました。

 「大宮高校A」チームは9月に開催された関東ブロック予選(41チームが参加)を勝ち抜き、各ブロック代表10チームによる決勝戦では、食育に関するクイズ、プレゼン、調理などで審査が行われました。

競技1:食育クイズ

競技2:悩み解決レシピ(調理)

競技2:悩み解決レシピ(食リポ) 

   競技1の「チーム自ら出題!食育4択クイズ゙」では、草加せんべいに関する問題を出題し、また他校の10問のクイズに挑戦しました。競技2の「食育プレゼンテーション&調理 テーマ 地域のお悩みレシピ」では、朝食の欠食率の高い埼玉県の悩みを解決するため、短時間で作れる朝食として「トマトとベーコンの彩りみそリゾット」をプレゼンテーションしました。

 事前の準備として、草加せんべい屋や学校給食歴史館を取材して、クイズ゙や1分30秒の動画を作り、決勝当日まで、埼玉県の野菜を研究して、レシピの試作を重ねました。

 レシピ「トマトとベーコンの彩りみそリゾット」 ※PDFファイル

 本番は精一杯頑張りましたが、入賞は叶いませんでした。応援して下さった皆様に深く感謝申し上げます。

【山岳部】11月の山行

山岳部は11月中旬に御坂黒岳に登りました。

  

風もなく穏やかな一日 富士の眺望を堪能しました。

    

紅葉は山の麓、標高1000m前後の河口湖周辺が見頃。

落葉した木の間から富士山を間近に望めました。

    

今日は最高の登山日和。  八ヶ岳(中)や南アルプス(右)を遠望。

    

黒岳山頂には展望はないものの、2分も南へ進めば、眼前に富士山。

    

林道に出るとほっとします。のんびりと走る富士急に揺られて、帰宅の途につきました。

次回は、12月の中旬に奥多摩の大岳山に登ります。

【女子バスケ部】新人戦 県大会出場!

11月上旬より、バスケットボール新人大会南部支部予選が行われています。

女子バスケットボール部は14日(土)の1回戦、15日(日)の代表決定戦に連勝し、県大会出場を決めました。

 

21日(土)の3回戦は南部第7シードの上尾鷹の台高校との試合となります。

県大会出場で満足せず、一つでも多く勝ち上がれるよう引き続き頑張ります。

なお、今大会は無観客試合となっております。

当日の試合速報・大会勝ち上がり状況等は南部支部バスケットボール協会ホームページでご確認頂けます。

 

併せて、遅くなってしまいましたが8月下旬に行われた夏季南部支部大会(ウィンターカップ予選)の結果もお知らせ致します。

新チーム始動後初の公式戦となりましたが、良い経験を積むことができました。応援ありがとうございました。

【弓道部】全国高等学校選抜弓道大会県予選

令和2年11月7日(土)、8日(日)に大宮公園弓道場において開催された全国高等学校選抜弓道大会県予選の結果は以下の通りでした。

 

男子団体 予選敗退

女子団体 予選敗退

女子個人(彦田) 第2位

 

年度内は最後の県大会となりました。これから寒い時期を迎えますが、春に向けてより一層練習に励んでいきたいと思います。

応援いただいた皆様、ありがとうございました。

今後ともご指導ご声援をよろしくお願いいたします。

【英語部】埼玉いなほカップ優勝!~全国大会へ~

11月1日(日)にOnlineにて、第15回埼玉いなほカップ高校生英語ディベート大会が実施されました。大宮高校英語部は2チームが出場して7年ぶりに県優勝を果たし、昨年に引き続き10回目の全国大会出場を決めました。

 

今年の論題は以下の通りです。

Resolved: That the Japanese Government should ban production and sales of fossil-fueled cars, including hybrid cars, by 2035.

  日本政府は,(ハイブリッド車も含む)化石燃料車の製造と販売を2035年までに禁止すべきである。

  

地球温暖化やモビリティー革命といった、日本にとっても世界にとっても大きな関心事に深く関連したトピックです。3月の論題発表以来、コロナの中で試行錯誤しながら、リサーチや練習試合を重ねて準備したことの成果が発揮できたことを大変うれしく思います。日々変化する社会情勢を踏まえながら、英語力向上も含めて、全国大会に向けて準備を進めたいと考えています。

お世話になった先生方、OBの方々、大会役員やジャッジの方々、ありがとうございました。

 春からずっとZoomを使って練習や試合をしてきました。対面での試合ができなかったのは残念ですが、大会ができたことに感謝しています。画面にはジャッジの先生が3人と、大宮高校生2名と相手校チーム1名が映っています。

 大会はOnlineでも、チームは教室に集合して相談しながら試合を進めます。スピーカーはコンピューターの前に座ってスピーチをします。

 

決勝の試合は黒板に写して部員全員で応援しました。

 

画面のメインジャッジの先生から、優勝の発表があった直後の様子です。

【山岳部】10月の山行 武甲山

山岳部は10月下旬 紅葉の始まった武甲山に登りました。

  

山は爽やかな空気に包まれ、いい季節を迎えています。

    

9月は雨ばかりで、山行は延期続きの末に中止。今日は日差しが気持ちいい。

     

まっすぐ伸びる杉の人工林を抜けると、上の方では紅葉が始まっていました。

    

山頂直下の神社でお願い事をして、1304mの頂上へ。

偶然にも本校生物部、本校山岳部卒業生との出会いがありました。

    

眼下は秩父市街地です。

傍らにはこの山の山頂が、1334m→1295m→1304mと変遷したことが記されています。

 

   

生川(うぶかわ)に沿って長い車道歩きが続きました。これが案外、足にきます。

生物部はタクシー、卒業生はマイカーとのこと。

振り返れば、この山が我が国の成長を支えてきたことがよくわかりました。

11月は山梨県、御坂山塊の黒岳に登ります。