大高日誌

大高日誌

【大高日誌】1学年総探 大高人ワークショップ2020

10月6日(火)の総合的な探究の時間に、大高人の講師の方々によるワークショップが行われました。

このワークショップでは、総勢13名の、各専門分野で ”今まさに” 活躍している卒業生「大高人」の協力を得て、現場で活躍する際に必要な思考法や、課題発見から解決までの道筋を実際に経験します。 

初回の今回は、それぞれの分野における

答えのない、もしくは唯一の答えはない課題

について考えました。

 

〇「大宮高校の広告を作る」(講師:皆川壮一郎さん 博報堂ケトル)

広告を作るときに考えること。

”What to say” ⇒ ”How to say”

ウォーミングアップ。

友達を一言で表すと?

まずは "What to say" を考える。

大宮高校のストロングポイントは?

〇「青年海外協力隊・ウガンダ教育隊員の歩き方」(講師:丸岡咲耶花さん 青年海外協力隊員(昨年まで))

「ウガンダ」という国について。

青年海外協力隊の仕事。

ウガンダの教育問題について考える。

 

協力隊員としてできることは何か?

 

 

上記の2講座のほかにも、以下のような興味深い講座が開かれました。

・「住宅を模型で語る」

・「編集者として、人物ポートレート記事をつくる」

・「コクーンシティのリ・デザイン」

・「スタートアップの特徴から考えるビジネスモデル」

・「デザイン思考:自分だけのスマホアプリもしくはサービスを考えて作ってみよう」

・「ハーバードの人生を変える授業@大宮高校~心理学で「幸せ」を科学する~」

・「これからの社会とあなた」

・「昼食メニューから食生活を探る」

・「ルール作り」

・「5G時代の革新的サービスを考える」

・「SDGsの自分事化~SSGs(サステイナブル さいたま ゴールズ)~」

 

現在、オンライン上で講師の方々に支援をしていただきながら、

次回の11月17日(火)の成果発表に向けて、模型や劇、ポスターなどの作品を制作しています。

どんなものが出来上がるのか、今から楽しみです。

【大宮高校】小さな大高祭 ~書道部~

 10月7日の”小さな大高祭”の中庭企画は、書道部の発表でした。

 普段は、展覧会に向けて作品制作を行っています。

 今日は筆の大きさ、重さも違う箒筆を使い、Mrs.GREEN APPLEの「青と夏」の音楽に合わせて、ダイナミックなパフォーマンスを披露してくれました。

【大高日誌】小さな大高祭 ~筝曲部~

 10月5日の”小さな大高祭”の中庭企画は、筝曲部の発表でした。

 邦楽をやろうと決めて入部してくる部員もいます。初心者が多いので、まずは楽譜の読み方から習うそうです。今日は、1曲披露してくれました。

 雅なゆったりとした音色が中庭にしみわたった時間でした。

【大高日誌】令和2年度 第2回学校説明会

 10月3日(土)は、中学生とその保護者を対象にした第2回学校説明会を実施しました。ご来校いただいた中学生並びに保護者の皆様、ありがとうございました。

 説明会では、学校概要説明の詳細のほか、昨年度の卒業生(東京大学理科Ⅱ類進学、音楽部)からは、3年間在学して得た体験談と受験を控えたこの時期に大切にしてほしいことについての話がありました。生徒会長からは、クラスの日常のエピソードが語られました。部活動見学は実施できませんでしたが、演奏の音などから生徒の雰囲気を感じていただくことができたようです。

 学校説明会の一部は、ホームページに説明動画やパンフレットで分かる内容もあります。ご都合のつかなかった方は、ご参考にしてください。次回の学校説明会は、11月7日(土)を予定しています。

(詳細は、学校ホームページの「中学生のみなさんへ」をご参照ください。)

【大高日誌】小さな大高祭 ~ギター部~

 10月2日の”小さな大高祭”の中庭企画は、ギター部の発表でした。

 部員の多くは、高校からギターを始めています。今日は、4曲披露してくれました。

 秋晴れのもと、クラッシクギターのやわらかい音色が美しいハーモニーになって校内に響き渡ったひとときでした。

【大高日誌】小さな大高祭 ~フォーク部①~

 9月30日の”小さな大高祭”の中庭企画は、フォーク部でした。迫力のある演奏を3つのバンドが披露してくれました。

教室や渡り廊下から観ている生徒は、手拍子を合わせて一緒に音楽を楽しんでいました。

明日もフォークが演奏する予定です。