大高日誌

大高日誌

全校集会

1月6日(金)は、冬季休業明けの全校集会をリモート形式で行いました。
校長講話に続いて、生活安全委員会から「自転車の安全運転について」の伝達がありました。

続いて、表彰を行いました。
表彰された部活動等は以下の通りです。

【硬式テニス部】 新人大会テニス競技 第5位

 【陸上競技部】  第26回関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会
           女子1,500m 第1位 / 女子3,000m 第3位 松野

【吹奏楽部】  第46回埼玉県アンサンブルコンテスト県大会
            金管八重奏 銅賞 / 木管三重奏 銀賞

【写真部】  埼玉県高等学校総合文化祭高校写真展
           自由部門 優良賞 安田 / 奨励賞 渡辺

【美術部】  第65回埼玉県高校美術展
           優秀賞 

【書道部】  第38回高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会 毛筆の部
          産経新聞社賞 鳥山 / 特選 福井
       第39回埼玉県高等学校書道展覧会
          推薦賞 鳥山
       大東文化大学主催第63回全国書道展
          大東書道大賞  / 優秀団体賞 埼玉県立大宮高等学校

【棋道部】  第38回関東地区高等学校囲碁選手権大会
          男子団体戦 準優勝 幸島 岡田 五味
             男子九路盤戦 優勝 岡田 / 準優勝 幸島
          女子九路盤戦 準優勝 柿沼
          女子個人戦 第3位 菊田
       埼玉県高等学校将棋王将戦大会
                                    A級第7位 金井

【クイズ研究部】  全日本クイズリーグ埼玉リーグ 第3位

【第12回科学の甲子園埼玉県大会】 総合の部 優勝
                 筆記の部 第1位(株式会社武蔵野銀行賞)
                 実技の部 第3位(AGS株式会社賞)

【埼玉県英作文コンテスト】  1年生の部 第2位 桝﨑
               2年生の部 第2位 柳原
               3年生の部 第1位 保坂

続けて、生徒会主催による「全国大会及び関東大会に関する」報告会と壮行会が行われました。

【報告会】 
  英語部 第17回 全国高校生英語ディベートトーナメントオンライン2022 第3位

【壮行会】
  情報オリンピック  1月22日 日本情報オリンピック第3回女性部門出場
            2月5日及び12日 日本情報オリンピック出場
     
  科学の甲子園    3月17日~19日 第12回 科学の甲子園 全国大会出場
               
  棋道部       1月7日 第38回関東高等学校囲碁選手権大会出場

 
            

詳細につきましては、部活動等のページもご覧ください。

令和4年度 予餞会

12月23日(金)、予餞会を行いました。

 

各教室で視聴した1・2年生からのビデオメッセージや動画は、先輩である3年生を笑顔にしたい、という1・2年生の想いがこもっていました。3年生の各教室からは絶えず大きな笑い声が聞こえてきました。

 

その後、3年生のみ体育館へ移動しステージ発表を鑑賞。1・2年生は教室で録画を視聴しました。 

有志による漫才、ブラスバンドの演奏、サッカー部のダンスの発表など、工夫を凝らした演出で元気いっぱいに3年生へ感謝の気持ちを伝えてくれました。

また、異動された先生方のメッセージ動画視聴では、懐かしい先生方の姿や声に3年生から歓声があがっていました。

 

最後は3年生を喜ばせたい一心で企画、稽古を重ねてきた3学年団教員の劇・踊りの披露です。身体を張って笑いを取りにいくその姿に大いに笑う3年生でした。

 

卒業を控えた3年生への餞(はなむけ)でもあり、また受験を控えた3年生への激励の会。大変盛り上がったひとときとなりました。この冬一番の寒波に負けず、熱いエールをもらった3年生にとって、大きな想い出の一つとなれば幸いです。

 

【進路指導室】大学合格に向けて

3年生対象の大学合格に向けた説明会が終わりました。

「一橋大学座談会」では、この春一橋大学に入学した本校卒業生から、一橋大学の様子や入試に向けた準備について説明を受けました。

「医学部勉強会②」では、河合塾大宮校のご協力のもと、本格的な面接準備を行いました。

「東北大学説明会」では、駿台予備学校から講師の先生をお招きし、今年度の東北大学の入試動向、AOⅢ期の出願準備など多岐にわたる説明を受けました。

あとは入試本番に向けて準備を続けるのみです。1月14日、15日の「大学共通テスト」から大学入試が本格化します。「大学入学共通テスト」の対策としては、共通テストの日程、時間に合わせて模擬問題を解く「共通テスト演習会」を冬休みと1月上旬に実施します。まずは健康に留意しながら、地道な学習が大切です。

一橋大座談会 一橋大学座談会

 医学部勉強会②

 東北大学説明会

                    

 

第3回 学校説明会

11月26日(土)、第3回学校説明会を実施しました。

お忙しいところ、ご来校いただきありがとうございました。また、新型コロナウイルス感染症対策へのご協力にも感謝申し上げます。

 

今回は説明会前に、本校音楽部のアトラクションを実施しました。
音楽部が歌声に心を込めたステージはいかがでしたでしょうか。
説明会は司会進行を本校生徒が行い、校長挨拶、教頭より本校概要及び入試について説明をいたしました。
卒業生2名と生徒会長には、実際の高校生活を送って感じたことを中心に話をしてもらいました。
短い時間ではありましたが、少しでも本校の魅力が伝わりましたなら幸いです。

 

**************************
今回、資料準備や会場設営、片付けに協力してくれた部活動は、弓道部・陸上競技部・バレーボール部(男子)・ラグビー部・物理部・バドミントン部(女子)・吹奏楽部・水泳部です。細かなところまで気を配って取り組んでくれました。
ありがとう!お疲れさまでした。

***準備・片付けの様子***

 

 

令和4年度 人権教育講演会

 11月17日(木)5限、1・3年生を対象に人権教育講演会を実施しました。新型コロナウイルス感染症予防対策として、手指消毒や換気を徹底し、体育館にて2学年合同で行いました。

 今年度は、日本女子大学名誉教授で一般社団法人日本ケアラー連盟代表理事の堀越栄子先生と、元ヤングケアラーで弁護士の藤木和子さんの2名を講師にお迎えし、『ヤングケアラーについて知ろう』という演題で、講話をして頂きました。主な項目は、1.ヤングケアラーとは 2.子どもの権利条約とヤングケアラー 3.ヤングケアラーをサポートする人や機関 4.元ヤングケアラーの語り 5.自分の未来を描ける学校や社会に向けて という5項目で、ヤングケアラーについて理解を深めることができました。

 特に、元ヤングケアラーの藤木さんより、ご家族のケアをしながら受験勉強したというエピソードに生徒たちは真剣に聴き入っていました。『悩むことは人生を真剣に考えているということです』、『様々な境遇の人がいる中で、大宮高校に入れたこと自体恵まれており、部活や勉強を頑張れることは幸せなことです。ぜひ頑張ってください』という強いメッセージは、生徒にしっかり届いたと思います。

 最後に、3名の生徒より質疑があり丁寧にまた誠実にお答えいただき、多くのことに気付くことができました。非常に興味深い講演をしていただき、誠にありがとうございました。

  

 

【進路指導室】医学科勉強会

今年も医学科勉強会が始まりました。

医学科入試で必ず実施される面接への準備として、医学科志望者の面接勉強会を2回行います。河合塾大宮校の全面的な協力をいただき、1回目の今回は、面接試験についての講演、医学科模擬面接です。他学科受験で面接が必要な生徒も前半の講演に参加し、後半の医学科模擬面接を見学しました。医学科志望の生徒は、多くの生徒に見られる中で緊張しながら質問に答えていました。今回指導された内容を考えながら、次回の勉強会に向けて改善してゆきます。

昨年度大宮高校から医学科に現役で進学した生徒は、国公立11名、私立2名の合わせて13名でした。医学科勉強会を生かしながら、自己の目標を達成することを願っています。

【1学年】大高人ワークショップ開催

9/27、11/1

1学年の「総合的な探究の時間」において、大高人ワークショップを実施しました。

 

13名の大宮高校卒業生(大高人)を招いて、それぞれの専門家によるワークショップを開催してもらい、

与えられたテーマに対して本校生徒が探究するプログラムです。

 

2020年度から始まった取り組みで、今年度は3回目の開催に当たります。

講師である大高人の熱量も上がり、生徒たちはそれぞれ《答えのない問い》に向き合うことになりました。

 

クラスの垣根を越え、様々な問題を、様々な方法で考えていく経験を通し、

総合的な思考力・判断力・表現力を発揮する貴重な機会となりました。

 

【講座タイトル】

1 :住宅を模型で語る
2 :大宮高校の広告を作る
3 :コクーンシティのリ・デザイン
4 :プログラミングを使ってデータという観点で世界を見てみよう
5 :スマホアプリを企画提案しよう
6 :1,400人の学生が殺到した伝説の「ハーバードの人生を変える授業」
7 :これからの社会とあなた
8 :昼食から食生活を探る
9 :5G時代の革新的サービスを考える
10 :ジェンダー平等の実現に向けてアクションプランを立てる
11 :目抜き通り―そして、そこにたつ建物
12 :CO2削減に向けて、これからの電源構成・今私たちにできることを考えよう
13 :戦争をしないために、私たちはどうしたらいい?

2学年修学旅行

2学年修学旅行

日時:令和4年10月23日(日)~26日(水)

方面:沖縄県

 

1日目 出発から平和学習

 羽田空港から3時間ほどで那覇空港に到着しました。

 気温は思ったよりも高くなく、到着した時には小雨も降っておりました。

 時間が経つにつれ蒸し暑さを感じましたが、雨と風のおかげもあり、過ごしやすい気候の中での沖縄における修学旅行が始まりました。

 

 【ひめゆり平和祈念資料館】

 さほど広くはない資料館ですが、ガマに向かって神妙に黙とうをささげた後、生徒たちは時間をかけて1つ1つの展示を丁寧に見て回っておりました。証言本を集合時間のぎりぎりまで読み込む生徒もおり、資料館の方も驚いておりました。

 

 【平和祈念公園・沖縄県平和祈念資料館】

 美しい崖と海の風景も、歴史的事実を知った上で見ると全然違った見え方をするものです。生徒たちは景色を背景に写真を撮っておりましたが、平和祈念公園であることを意識したのか、慎ましい姿勢で並んでいたのが印象的でした。平和祈念資料館内には非常に多くの資料が展示されており、90分ほどの時間では足りなかったかもしれません。また個人で沖縄を訪れる際に時間をかけて回っていただきたいと思います。

 

2日目 基地学習からの文化遺産や自然巡り

 【基地学習】

 大学生に連れられて、基地についてのフィールドワークを行ったのち、ホテルの会場で大学生を囲み、ディスカッションを行いました。コーディネーターが『未だかつてなく素晴らしい!』とおっしゃるほど活発な意見が飛び交っておりました。

 

 【文化遺産や自然巡り】

 コース別で沖縄の歴史と自然を満喫しました。美しい風景に魅了されるだけでは終わらず、そこで何を得たかは生徒それぞれ違うはずです。

 

3日目 マリンスポーツやカヌー体験、伝統工芸品づくり、お菓子作り、そして美ら海水族館へ

 【マリン・カヌー・伝統工芸品づくり・お菓子作り】

 午前中は五感を使って楽しむ時間でした。この日を楽しみに鍛えてきた生徒も多いことでしょう。お菓子作りはもちろんサーターアンダギーでした。生徒の作ったサーターアンダギーは市販のものよりはもっさりしていたのですが、お菓子としては申し分ない出来でした。手作りシーサーを作成した生徒もおりますが、こちらは12月頃に自宅に届けられる予定です。

 

【美ら海水族館】

 他校の修学旅行生もいたため、館内は大変込み合っておりました。しかし、時間は十分にとっていたため、全ての展示を回ることができていたようです。

 

3日目夜 討論

 修学旅行に向けて、LHRでは幾度となく討論会を授業内で行ってきました。3日目の夜はその集大成として、討論を他のクラスの人たちと行ったり、クラス代表による対抗戦の決勝を全員でジャッジしたり、と90分間白熱した時間となりました。

 

4日目 国際通りを中心とした班別自主研修

 地域クーポン券を握りしめ、生徒たちは国際通りに放たれました。帰るころには多くの生徒が大きいお土産袋を手に那覇空港に集合しておりました。

 

全員が羽田に帰ってくることができたのが何よりの喜びでした。

人間関係も良い形でほぐれたようなので、今後の学校生活もまた違ったものになることを願っております。

 

【進路指導室】「東工大」卒業生との座談会

大宮高校で志望者の多い東京工業大学の説明会として、「東工大」卒業生との座談会を実施しました。

この春、大宮高校から東工大に進学した先輩に来校していただき、合格に向けた勉強方法、入試の注意点、大学の様子等の説明を受けました。少人数の班に分けた座談会の形で、身近な先輩に質問しながら理解を深めました。今回参加した生徒が、来年は東工大の学生の立場で来校してくれることを期待しています。

 

 

【進路指導室】東大情報交換会終了

4月から実施してきた東大情報交換会が終了しました。

東大情報交換会の内容は、

①ガイダンス、模擬問題配布(答案を後日提出)

②答案返却、分析

③東大入試問題分析

④東大実戦模試振り返り

の流れで実施してきました。最終回は駿台予備校から講師をお招きし、多くの生徒が受験した東大実戦模試の分析、東大合格に向けた今後の学習についてお話をいただきました。これからは各自が必要な分野を学習し、本校教員に過去問の答案添削をお願いしながら、合格に必要な努力をしていきます。よい結果が出ることを願っています。