化学研究部
部員数 男子 13名  女子 2名
活動時間 毎週月・水・金曜日 16:00〜18:00
 
コメント こんにちは、化学研究部です。
 私たち化学研究部では、日々様々な実験を行っています。
研究テーマの例としては、
 ・ニトロセルロースの合成
 ・糖、アルカリ混合物の着色の研究
 ・プラスチックの油化
 ・使用した際に発生したかすや粉の再利用による再生チョークとそれに伴      
  う炭酸カルシウムの理学的性質の研究
 ・塩の結晶構造
などです。
他にも、文化祭では液体窒素を使用した楽しい実験も行っています。
 これら日々の研究の他にも、様々な校外活動に積極的に参加しています。
活動日の見学は、いつでも受け付けていますので興味のある方は、見学に来てください。

 

.

化学研究部・活動報告

部活動・化学研究部

文化祭で実験ショーを行いました。(化学研究部)

 9月3日(土)、4日(日)の文化祭で3回の実験ショーを行いました。
実験ショーの他にも、「スライム作り」「分子模型作り」「ガラス玉作り」「ダイラタンシー体験」など体験や作成コーナーも設置しました。
小さな子供さんから大人の方まで化学の世界を身近に感じて楽しんでもらえるように、部員みんなで考えました。
2日間にわたり、たくさんの方々に来場していただきありがとうございました。

化学研究部合同卒部発表会


 5月28日(土)午後、本校において県立越谷北高校と合同で
「卒部発表会」が行われました。
 参加したのは、本校化学研究部と物理部、越谷北高校物理同好会でした。それぞれの3年生が研究してきたものを発表しました。会場となった理科室は、発表者とそれを真剣に聞いている生徒たちの熱気でいっぱいでした。
 下級生たちは、3年生の姿を見てこの伝統を受け継ぎ、自分たちもよい発表ができるようにと決意を新たにしました。
 
 <本校化学研究部の発表テーマ>
 ・ルミノール発光の研究
 ・アゾ染料
 ・マグネシウム空気電池の研究
 ・紙からつくるニトロセルロース

 
 研究の一部を実演する3年生

 
 パワーポイントを使って説明する3年生

 
 化学研究部員で記念撮影

NEW 川口市立科学館で活躍!


 5月3日に、化学研究部員が川口市立科学館」で一日「わくわく屋村」という体験の中の1ブースを担当しました。このイベントへの協力は、化学研究部員のボランティア活動のひとつとなっており、部員の校外での活躍の場ともなっています。
 今回は昨年大好評だった「かっこいい分子モデルをつくろう!」の準備をして当日臨みましたが、昨年以上の来場者で部員たちもお客さんの対応に追われました。小さなお子さんから大人まで、幅広い年代のお客さんに説明する難しさはありましたが、出来上がったときの笑顔に励まされ、部員一人ひとりが一生懸命に取り組みました。
 来場してくださったみなさん、ありがとうございました。
 
  
 ↑当日も入念に打合せ 

  
 ↑小さな子には手伝ってあげて...完成!
 

    ←300名を超える来場者でした!

まなびピア サイエンスフェアに参加しました

 「まなびピア埼玉2009」の一環として、11月1日(日)にさいたまスーパーアリーナで
開催されたサイエンスフェアに参加し、来場者の皆さんに、「縮まるプラスチック」という
実験を楽しんでいただきました。用意した300枚のプラ板が全てなくなるほどの大盛況
でした。

 これは、プラ板に使われているポリスチレンが、加熱するとやわらかくなり
縮まるという性質を利用したものです。
 簡単な実験なので、ご家庭でもぜひやってみてください。

*実験方法
 1.厚さ0.2mmのプラ板に好きな絵をマジック(油性)で書く
   ・プラ板は、ホームセンター、文具店、模型店等で購入できます。
 2.切り抜いて、オーブントースターで加熱する
   ・トースター内にアルミホイルを敷いておきます。
 3.割り箸で取り出し、分厚い本(あるいは木の板)にはさんで冷やせば完成です。
   ・いったん大きく波うった後、平らになった時に
    取り出すのがコツです。
   ・熱いのでやけどに気をつけて下さい。
.

理数科体験入学 化学実験室での実験

7/31から8/2に行われた理数科体験入学で、私たちは液体窒素を使った実験を行いました。
液体窒素を机にこぼしたり、中に葉っぱをいれたり、電球・電池を入れて明るさの変化を観察
したりしました。その度に見学していた中学生たちは驚いていました。