大高日誌

大高日誌

令和3年度 臨時学校説明会

 10月23日(土)は、臨時学校説明会がありました。ご来校してくださった中学生並びに保護者の皆様、検温および本人確認のご協力をありがとうございました。

 説明会は、学校長の挨拶、学校概要説明、卒業生および生徒会長からスピーチがありました。卒業生は、この春に普通科を卒業し千葉大学、筑波大学へ進学した2名の方でした。卒業生からは、大宮高校を志望した理由や大学進学のために部活動と勉強の両立をどのように行ったかなど具体的な話がありました。授業見学や部活動の見学は行われませんでしたが、説明会の始まる前に上映した文化祭や授業の様子から学校の雰囲気を感じとって頂けたのではないでしょうか。また、学校ホームページに授業動画や進路実績が掲載されています。そちらも参考にしていただけたらと思います。

 今後の学校説明会は、11月6日(土)理数科説明会、11月20日(土)に実施予定です。

理数科日誌

理数科日誌

【理数科日誌】大学セミナーが開催されました

7月8日(木)の午後、理数科1年生(+希望者)を対象に「大学セミナー」を開催しました。

 

講師は、東京大学大学院(薬学系研究科薬科学専攻)の 北川大樹 教授です。

『アカデミック研究者という生き方:東京大学での教育と研究』というテーマで始まった講演では、先生の研究内容やその意義、科学研究の進め方や研究者としての日々について、本校生徒に向けてとても分かりやすく説明していただきました。

 

   

 

研究者になろうと思ったきっかけや、進路決定のターニングポイントになった場面、実際に研究者として認められるまでの過程や日々の研究についてお話していただけたことは、研究者の生き方をイメージするうえでとても参考になりました。

・ 研究者の仕事とその楽しさ

・ 科学研究が世界でどのように行われ、研究者同士にどういった繋がりがあるのか

・ どんな研究を、どんな場所、どんなグループに身を置いて行うか

・ 研究者としての生き方、アカデミックな研究の意義

・ 東京大学での教育と研究

研究者になることを目標にしている生徒にとっても、憧れの仕事について具体的に知るきっかけになったのではないでしょうか。

 

  

 

また、コロナ禍で大学の研究室訪問などの行事開催が難しい中、東京大学の研究室や学内の様子についてもご紹介いただけたことは、本校生徒が大学での学びについてイメージするうえでも、とても良い機会となりました。

 

お忙しい中、貴重な機会を提供してくださった北川先生には本当に感謝です。ありがとうございました。

0
部活動日誌

部活動日誌

【女子バレーボール部】選手権大会 南部地区予選 結果報告

10月23日(土)~24日(日)に行われた選手権大会 南部地区予選の結果をご報告します。

 

1回戦
 大宮   VS   いずみ

   25          ―          20

   25          ―          21

 

2回戦

 大宮   VS   浦和一女

   27          ―          29

   25          ―          20

    8          ―          25

 

 

新チームになり、初めての公式戦で緊張も見られましたが、初勝利を挙げることができました。

良くも悪くも、サーブとサーブレシーブで勝負が決まる試合展開でしたが、粘り強いレシーブでラリーに持ち込み、チャンスの場面では速攻が絡んだ攻撃をすることができました。

得られた経験と見つかった課題を練習に生かして頑張っていきます。